TOP>連載 > 【地球ネコ旅】おとぎの国の看板猫/シギショアラ・ルーマニア

  • 連載

【地球ネコ旅】おとぎの国の看板猫/シギショアラ・ルーマニア

PETomorrow(ペットゥモロー)】

小林 希の地球ネコ旅

真夏でも、ルーマニアの中部から北西部に広がるトランシルヴァニア地方は、すこしひんやりして過ごしやすい。列車に乗って首都のブカレストの喧噪を抜け、静かな小さい街をいくつか移動して、シギショアラというおとぎの国のように可愛らしい街に着いた。

駅から少し歩くと、やがて中世のままの姿を残した歴史的地区に入る。石畳と多彩な外壁の可愛らしい家々はヘンデルとグレーテルだとか、小さい頃に読んだ絵本の中に入り込んでしまったかのような錯覚を覚える。そんな街のある店にふらっと入ると、そこはアーティスティックな雑貨屋さん。ふと、足下から視線を感じると思ったら、おとぎの国の猫。

1
ふっと足下の視線を感じて目があった黒猫ちゃん

2
黒猫ちゃんの定位置はここらしい

そのうち外に歩き出し、店の前に咲き誇る美しい花々に囲まれた石の上にひょいっと乗ると、いつものことのように座り込み、やってくる客に頭をなでられたり、写真を撮られたりしている。

きっとその石は店主がこの黒猫のために用意したのだろう。あるいは、代々この店の看板娘たちのお気に入りだから仕方なく置いたままにしているのかもしれない。

3
看板娘として凛々しいお顔でお客をお出迎え!

4
ほらほら、お客さんがくるでしょ?(でも、本当はちょっと苦手にゃのだ…)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ごはんーーーー!!【森ネコ、ギャングを迎えて】 (9.20)

  • 連載

参りました。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (9.5)

  • 連載

天下無敵の母親失格。海苔子という女・別離 (8.28)

  • 連載

ぼくはまいにちとってもいそがしいです。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.23)

  • 連載

海苔子という女・素質 (8.13)

  • 連載

だるまさんはころばない。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.11)

  • 連載

こふで、白目をむいて爆睡【森ネコ、ギャングを迎えて】 (7.30)

  • 連載

いきものを捨てる人の言い訳はいつも「自分の都合」。 (7.22)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る