TOP>連載 > 【地球ネコ旅】神の使いのネコたち/加計呂麻島

  • 連載

【地球ネコ旅】神の使いのネコたち/加計呂麻島

PETomorrow(ペットゥモロー)】

小林 希の地球ネコ旅

奄美大島の南に古仁屋という港があって、そこから船で15分ほどのところに加計呂麻島がある。世界でいくつもの美しい海を見てきたけれど、加計呂麻島の海もまた負けず劣らず美しい。特に透明度は高く、シュノーケリングをすれば遥か下の海の世界は驚くほどクリアに見える。

ところで、島民は加計呂麻島を神の島だと言う。実際に昔から神事も多く、島民の信仰心も深い。そして、いつも私が泊まる宿の女将さんは、愛猫のミーコに釣ったばかりの魚の切り身を食べさせながら、「猫はとても神秘的なの。神様の使いみたいよ」と言うではないか。

001
宿の看板娘ミーコの好きな海辺のベンチ

002
宿の玄関にて、何かを見透かしそうな美しい瞳

夜になると、ミーコは宿泊者がいるリビングにやってきて、居心地のいい場所で毛繕いを始めた。時折動きを止めて、宿泊者の様子をビー玉のように美しい瞳で見つめる。何か人間が目に見えないものまで見えているのだろうか。

やがてトコトコと歩き出し、私が寝るお布団の上で毛繕いの続きを始めた。今夜、一緒に添い寝してくれるならば、きっと何か有り難い夢でも見られるのかな、なんて思いながら、彼女が気持ちよさそうに毛繕いしているのを眺めていた。

003
ミーコは宿泊者のアイドルでもある

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

ごはんーーーー!!【森ネコ、ギャングを迎えて】 (9.20)

  • 連載

参りました。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (9.5)

  • 連載

天下無敵の母親失格。海苔子という女・別離 (8.28)

  • 連載

ぼくはまいにちとってもいそがしいです。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.23)

  • 連載

海苔子という女・素質 (8.13)

  • 連載

だるまさんはころばない。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (8.11)

  • 連載

こふで、白目をむいて爆睡【森ネコ、ギャングを迎えて】 (7.30)

  • 連載

いきものを捨てる人の言い訳はいつも「自分の都合」。 (7.22)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る