TOP>連載 > 私が仕事をしていると、そのモノの上にのってきます。

  • 連載

私が仕事をしていると、そのモノの上にのってきます。

森ネコ、ギャングを迎えて

今、盛んに言われる3つの「蜜」。

密閉、密集、密接。

今日は、我が家で暮らすネコのギャングたちに当てはめて、考えていきたいと思います。

(あくまで当てはめただけで、根拠はありません)

「密閉」

これはもとから、部屋中にギャングたちの毛が落ちるので、天気のいい日は寒くても換気をよくしているので、大丈夫かなと思います。

そして窓を開けていると、パトロール好きなこふでが、すぐにサッシに飛び乗って、外を眺めます。

ネコたちにとっても、外の爽やかな空気は気持ちいいのかな?

つぎは、「密集」。

これについてはイエネコなので、基本的に大丈夫という感じでしょうか。

ネコなので基本的に群れないけど、ギャングたちは仲がいいので、1日で一回は一緒に寝ているのを目撃します。

でも、ふたりだし、密集ではない? 密接ではあるけど…。

それにしても、あなたたち、目つき悪いよ!

 

最後に、「密接」。

私との密接について考えます。これが、ふたり分かれます。

こふでは超密接派で、フィリックスは不可触派(ご飯のときだけかろうじて)。

まず、こふでを見ていきましょう。

私が仕事をしていると、そのモノの上にのってきます。

パソコン、メモ用紙、原稿用紙。

こふで(さいだいのおうえんです)

わたし「そのまえに、仕事ができなくなる…」

なんども下におろすことを繰り返し、ようやく膝の上に収まります。

こうなったら、「さ、仕事再開!」となればいいのに、幸せすぎて、しばらく顔を眺めてします。

そのうちに、こふで、ふたたび覚醒します。そして、原稿用紙の上へ…。

さて、ギャング・フィリックス。

最近はほとんど、「ファー!」や「シャー!」と言わなくなって、だいぶ角がとれてきたように思います。

それでも、触れるかな?と思うと猛ダッシュで逃げていくので、無理に触ろうとせず、ストレスを与えないように気をつけています。

そんなフィリックスは、つまるところ「密接」を避けるプロ。いわゆる社会的距離を完璧にとるわけです。

たとえば、朝ごはん。

こふではベッドに飛び乗って催促してきますが、フィリックスはベッドの下で無言の待機。

それから、私がテレビを見ているとき。

置きっ放しのトンネル型キャリーケースを見ると、メッシュ越しにこちらを観察しています。

気になるけど、一枚の布を隔てて、けっして手にとどかない距離を取っているのです。

最後に、おもちゃ越しになでなで。

最近めっきりと「じゃらし」で遊ぶようになったギャング。

こふでよりも食いつきがいい時さえあります。

そこで軽い誘惑をおぼえ、「触れるかな?」と思うと逃げていきます。

でも、なぜかじゃらしの先(もう羽が取れちゃった)で体をなでると逃げません。

しばらくじっとしています。

じゃらし越しのなでなででも、私はとっても幸せです。


フィリックス(なにさわってんだ?)

今日のひとこと

世界中で広まる「社会的距離」ですが、もちろん今日お話ししたネコについてはまったく別もの。でも、新型コロナウイルスがネコにも感染する可能性がある以上は、できる限り接触を控えたほうがいいのでしょうか。と、悩む毎日です。みなさんは、どうしていますか?

連載「森ネコ、ギャングを迎えて」のバックナンバーはこちらから

写真・文/小林 希(こばやしのぞみ)

旅、島、猫を愛する旅作家//Officeひるねこ代表

東京都出身。在学中写真部に所属。2005年サイバーエージェントに入社、出版社に配属。2011年末に退社し、世界放浪の旅へ。1年後帰国して、『恋する旅女、世界をゆくー29歳、会社を辞めて旅に出た』(幻冬舎文庫)で作家に転身。主に旅、島、猫をテーマに執筆活動・写真活動している。著作など多数。また、瀬戸内海の讃岐広島に「ゲストハウスひるねこ」をオープンするなど、島プロジェクトを立ち上げ、地域おこしに奔走する。現在世界65カ国、日本の離島80島をめぐる。年150日は東京以外の他拠点生活。旅でみんながつながるオンラインサロン『しま、ねこ、ときどき海外』運営し、サロンメンバー(ひるねこ隊)の隊長として、さまざまな旅企画など実行中。女性誌『CLASSY』やデジカメWatchで連載中。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 連載

「なんかくれくれくれくれ!」ウルトラ問題児ビッタの“漁” (6.9)

  • 連載

私が仕事をしていると、そのモノの上にのってきます。 (5.12)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“食” (5.7)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“老” (4.13)

  • 連載

そとあるいてるニンゲンすくないにゃ【森ネコ、ギャングを迎えて】 (4.11)

  • 連載

ある日、ギャングが子分を連れてご飯の催促にきた。【森ネコ、ギャングを迎えて】 (3.20)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“臭” (2.15)

  • 連載

ウルトラ問題児ビッタの“理由ある犯行” (2.11)

もっと見る
注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る