TOP>トピックス > 【ドッグフレンドリー・カー】トヨタ・ヴォクシー

  • トピックス

【ドッグフレンドリー・カー】トヨタ・ヴォクシー

PETomorrow(ペットゥモロー)】

今月のドッグフレンドリー・カー

ヴォクシーメインスタイル1

愛犬とドライブするのに相応しいクルマとしてスライドドア・ミニバンが挙げられます。ミニバンと言えば空間の広さが持ち味ですが、犬の乗降性、乗車場所についても実にドッグフレンドリーなのです。

例えば、トヨタ・ヴォクシー。5ナンバーサイズの扱いやすいサイズを基本に、ボックス型の大空間インテリア、多彩なシートアレンジを備えています。

ヴォクシーメインスタイル真横
トヨタ・ヴォクシーHV ZS

犬の乗降はスライドドアとバッグドア側の2か所から。これが容易にできるのは、ほかにワゴンぐらいなもの。ワゴンの背を高くしたようなSUVでも乗車は可能ですが、車高、ラゲッジフロアが高めなので、ジャンプ力のある犬なら乗車可能ですが、そうでない場合は介助が必要です(わが家の10歳のラブラドールレトリーバーのマリアもそうです)。

スライドドアステップ2
スライドドア部分のステップは低く段差なし

ラゲッジ高さ
ラゲッジ側もフロアが低くシニアなマリアでも乗降楽々

ヴォクシーのスライドドア側のワンステップフロアの高さはもっとも低いところで36cm。小型犬でも楽々飛び乗れる高さです。一方、バックドア側のフロア高は50cm。世界のワゴンの平均値約62cmよりずっと低いのですから、シニア犬のマリアでも無理なく乗り降りすることができます。もちろん、ただフロアが低いだけでなく、開口部に段差がないこともドッグフレンドリーポイント。大きな段差があると足を引っかけたりして危なかったりします。

ヴォクシーリヤ
ラゲッジフロア地上高は50cmと低い

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • トピックス

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト (9.25)

  • トピックス

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・後編【わんこと行くクルマ旅】 (9.25)

  • トピックス

公開間近の感動作!!映画『僕のワンダフルライフ』の誕生秘話 (9.25)

  • トピックス

愛犬・愛猫のための病院選び6つのポイント (9.24)

  • トピックス

2代目に進化したホンダ『N-BOX』で行く軽井沢の旅・中編【わんこと行くクルマ旅】 (9.23)

  • トピックス

当たってる…?星座別ワンコの性格診断 (9.23)

  • トピックス

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ (9.23)

  • トピックス

遠く離れた猫とも遊べる♪ 遠赤外線接続型ねこじゃらじ「パウボキャッチ」 (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

様々な外敵からわんこを守る「インセクトシールド」

触り方の違いを感知!スマホ技術を応用したぬいぐるみ猫ちゃん

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る