TOP>トピックス > 【ドッグフレンドリー・カー】トヨタ・ヴォクシー

  • トピックス

【ドッグフレンドリー・カー】トヨタ・ヴォクシー

PETomorrow(ペットゥモロー)】

今月のドッグフレンドリー・カー

ヴォクシーメインスタイル1

愛犬とドライブするのに相応しいクルマとしてスライドドア・ミニバンが挙げられます。ミニバンと言えば空間の広さが持ち味ですが、犬の乗降性、乗車場所についても実にドッグフレンドリーなのです。

例えば、トヨタ・ヴォクシー。5ナンバーサイズの扱いやすいサイズを基本に、ボックス型の大空間インテリア、多彩なシートアレンジを備えています。

ヴォクシーメインスタイル真横
トヨタ・ヴォクシーHV ZS

犬の乗降はスライドドアとバッグドア側の2か所から。これが容易にできるのは、ほかにワゴンぐらいなもの。ワゴンの背を高くしたようなSUVでも乗車は可能ですが、車高、ラゲッジフロアが高めなので、ジャンプ力のある犬なら乗車可能ですが、そうでない場合は介助が必要です(わが家の10歳のラブラドールレトリーバーのマリアもそうです)。

スライドドアステップ2
スライドドア部分のステップは低く段差なし

ラゲッジ高さ
ラゲッジ側もフロアが低くシニアなマリアでも乗降楽々

ヴォクシーのスライドドア側のワンステップフロアの高さはもっとも低いところで36cm。小型犬でも楽々飛び乗れる高さです。一方、バックドア側のフロア高は50cm。世界のワゴンの平均値約62cmよりずっと低いのですから、シニア犬のマリアでも無理なく乗り降りすることができます。もちろん、ただフロアが低いだけでなく、開口部に段差がないこともドッグフレンドリーポイント。大きな段差があると足を引っかけたりして危なかったりします。

ヴォクシーリヤ
ラゲッジフロア地上高は50cmと低い

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • トピックス

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

  • トピックス

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • トピックス

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • トピックス

犬と一緒に暮らす上で覚えておきたいこと (2.16)

  • トピックス

仕事が忙しい飼い主に手放された2頭の犬【保護犬と暮らす】 (2.15)

  • トピックス

マリアのお薦め遊・食・買・作スポット 伊豆高原編「愛犬の駅」 (2.15)

  • トピックス

ペットを飼育して想像以上にお金がかかるのは…? (2.15)

  • トピックス

保護犬と受刑者を救う「プリズン・ドッグ・プログラム」【刑務所で活躍する動物たち】 (2.14)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る