TOP>トピックス > 【ドッグフレンドリー・カー】FIAT500X

  • トピックス

【ドッグフレンドリー・カー】FIAT500X

今月のドッグフレンドリー・カー

今月のドッグフレンドリーカーは、マリアとララを乗せ、冬の軽井沢を訪れたコンパクトイタリアンSUVのFIAT 500Xです。

写真DF1
軽井沢の風景にも似合うFIAT 500X

フィアット初の本格SUV、FIAT 500Xは、往年のFIAT 500を彷彿させるキュートすぎるデザイン性だけでなく、前輪駆動のFFと全輪駆動の4WDが選べるのも大きな魅力。都市部中心の使い方なら走り軽快なFF、オフロードや悪路、冬に雪道を走る機会が多い人には4WDがお薦め。

今回、マリアとララが試乗しつつ訪れた冬の軽井沢ドライブ旅行で気づいたのは、このFIAT500X、日本最高峰の大人のオールシーズンリゾート、軽井沢に最高に似合っていたということ。

写真DF2
凝ったデザインのインテリア 

ところでSUVと言ってもコンパクトなFIAT500Xに、乗員2名、マリアとララ、そして例えば2泊3日のドライブ旅行の人間2人分の荷物に加え、マリアとララのマイベッド2つを含む大荷物をどうやって乗せたかと言えば・・・・。

その説明の前に、自称自動車評論犬!?でもあるマリアがFIAT 500Xの犬の乗せ方、乗り方をお教えてくれました。500XはSUVだから当然、悪路や雪道の走破性にかかわる最低地上高やラゲッジのフロアは高め。マリアの「鼻メジャー」でくんくん計ったところ、ラゲッジの高さは地上約75cm。

だから、犬が飛び乗りやすい高さ、ステーションワゴンのラゲッジフロア高の平均値、約62cmより高めなのです。ジャンプ力のある小型犬のジャックラッセルのララならピョイーンと飛び乗れても、今年10歳になったシニア犬のマリアだとそれは無理というもの。

写真DF3
ラゲッジフロアの地上高は約75cm

でも、マリアはちゃんと裏技を知っていたんです。ラゲッジに乗るにしても、まずリヤドアから地上約47cmの高さにあるステップを乗り越えて後席フロアに乗り込み、そこからマリアの鼻メジャーで約34cmの高さでしかない後席に軽々飛び乗り、7:3分割の後席片側を倒して廊下にして、ラゲッジに歩いていく、というわけです。もちろん、広々として比較的フラットな座面の後席に乗車するのにはなんの問題もありません。

写真DF4
フロアから後席座面までの高さは約34・5cm

写真DF5
FIAT500Xのスクエアで使いやすいラゲッジ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • トピックス

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」 (11.21)

  • トピックス

ボルボ『V90 Cross Country』でレジーナリゾート旧軽井沢に訪れる・後編【わん... (11.21)

  • トピックス

マリアお薦めのランチスポット軽井沢編『Hamy’s』 (11.21)

  • トピックス

まさにプライスレス!ワンコ・ニャンコの初めての瞬間13選。 (11.21)

  • トピックス

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」 (11.20)

  • トピックス

動物も助けて!動物にも緊急医療措置を施すことを許可する法案可決 (11.19)

  • トピックス

はじめまして、まう助です!【まう助日記】 (11.19)

  • トピックス

9年前に行方不明になった愛犬が戻ってきた! (11.18)

もっと見る

注目のグッズ

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る