TOP>トピックス > 100年以上前のにゃんこの浮世絵ばかりを集めた猫絵図鑑が楽しい

  • トピックス

100年以上前のにゃんこの浮世絵ばかりを集めた猫絵図鑑が楽しい

猫たちのつぶやきが楽しい、100年前の「おもちゃ絵」!

1
『流行ねこの温泉』歌川国利 明治14年(1881)

温泉に入っている猫、すきやきに舌鼓を打つ猫、学校で勉強している猫……。擬人化された猫たちの絵が満載の、にゃんとも楽しいビジュアル本『ねこのおもちゃ絵』が発売されました。

2
『流行猫の曲鞠』歌川国芳 天保12年(1841)

3
『志ん板どうけかつらつけ』歌川芳藤 明治16年(1883)

「おもちゃ絵」とは、幕末から明治中期にかけて描かれた子ども向けの浮世絵のことです。

切り抜いて組み立てたり、図鑑やカタログのように眺めたり、漫画のようにストーリーを楽しんだりと、雑誌が登場するまでは最先端のメディアでした。

猫の浮世絵といえば歌川国芳が有名ですが、芳藤をはじめとする弟子たちが、師匠譲りの遊びの精神を受け継いで多くの傑作を残しています。

Neko20151027.indb

Neko20151010.indb

6

「おもちゃ絵」は、文字の書き込みが多いのも特徴です。

絵に添えられた猫たちのつぶやきがじつに味わい深く、しみじみと人生(猫生?)を感じさせるものもあります。

画面の端々にひそむ、さまざまな遊びをお楽しみください!

7
『国芳一門の猫絵図鑑 ねこのおもちゃ絵』

まるで猫の町をのぞいているような面白さ!明治の子どもの遊び、人気のあった職業、さらには流入してきた西洋文化によって変化しつつある風俗の様子なども分かります。江戸のにゃんこ先生・歌川国芳の作品も多数収録!
http://www.amazon.co.jp/dp/4093884447

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • トピックス

純血種と雑種の違いについて【ねこのはてな】 (2.25)

  • トピックス

ペットの寿命を左右する歯周病。予防するためには…? (2.25)

  • トピックス

キャンプで役立つ猫グッズ【猫と一緒に車旅】 (2.25)

  • トピックス

【ねこの写真で4コマ漫画】ペットを飼うのは夫婦円満の秘訣よね (2.25)

  • トピックス

タロとジロと一緒に南極に行った三毛猫たけし (2.24)

  • トピックス

【ねこの写真で4コマ漫画】猫さんのお仕事 (2.24)

  • トピックス

飼い猫の種類で一番多い「日本猫」について調べてみた。 (2.23)

  • トピックス

ランキングで見るペットの名前。イギリスと日本の違いとは? (2.23)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る