TOP>初めてのペット > 猫のブラッシングの方法

  • はじめてのペット

猫のブラッシングの方法

c004-1

猫は非常にキレイ好きな動物で、全身を丹念に毛繕いするのが得意。そんな猫のグルーミングをブラッシングによってサポートしてあげよう。毛並みを整えることは、毛に付着する汚れなども落とすことができるほか、毛づやの良し悪し、皮膚の状態などから健康状態の確認をすることにもつながる。

ブラッシングが苦手な場合もある

猫によっては、人間の手によるブラッシングが苦手な場合もある。その場合の多くは、撫でられるのも嫌がる傾向にある。まずは、道具を使わずにやさしく撫でるようにして、触られることに抵抗がないか確認しよう。

《ポイント》

強制しない
猫が嫌がるようであれば、強制はしないほうが良い。無理矢理押さえてブラッシングを行なうと、爪を出し暴れて逃げることがあるので注意。

マッサージ感覚も導入
ブラッシングをしながらやさしい全身のマッサージも取り入れると、猫は心地よくなり、ブラッシング習慣が好きになる可能性がある。猫にブラッシングを好きになってもらうためには、気持ちいいと感じてもらえるかどうかが重要になる。

《ブラシの種類》

003-1
ラバーブラシ
ブラシ部全体にゴム素材を採用した短毛種に使いやすいブラシ。刺激がやさしいものが多いのでボディマッサージにも使える。

002-1
スリッカーブラシ
ブラシ先端の目が細かいブラシ。長毛種にも短毛種にも使いやすいが、敏感肌や皮膚病の場合は、皮膚を傷つけないように意識して使うこと。

004-1
金グシ
金属製のクシ。主に長毛種のブラッシングの後、被毛を整える際に使う。

《グルーミングのポイント》
毛が長く絡まりやすい長毛種や春先、秋頃の換毛期には、ブラッシングで毛繕いをサポートすることが望ましい。猫は毛繕いした際に胃の中に入った毛を毛玉として吐くことがあるので、少しでも抜け毛の量を減らすように心がけよう。また、皮膚の刺激にもつながるので皮膚の活性化にも役立つ。

長毛種
スリッカーブラシを使い、体全体をブラッシングする。毛並みに沿ってゆっくりととかす。力を入れずに手首のスナップで行なうのがコツ。最初は背中からはじめて、気持ち良さそうに尻尾をふるようであれば、首下やお腹、足周り、お尻周りも丁寧にブラッシングする。スリッカーブラシでのブラッシングの後は、金グシを使って全体の毛並みを整える。

短毛種
ラバーブラシを使って体全体をブラッシング。スリッカーブラシを使う場合は手首のスナップで行なうようにして皮膚を傷つけないように気をつけること。

《毛玉を吐くことについて
毛繕いによって口から飲み込んだ毛を毛玉として吐く場合がある。個体差があるため、吐く回数の違いや吐かない猫もいるが、基本的には健康上、問題がないので、過剰に心配する必要はない。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • はじめてのペット

コウハイについての心配ごと【犬猫家族】 (2.19)

  • はじめてのペット

世界の東西2ヶ所で家畜化された?犬の起源についての研究報告 (2.12)

  • はじめてのペット

「子供は怯えている犬がわかりにくい」イギリス心理学学会の研究報告 (2.12)

  • はじめてのペット

サイズや犬種などを考慮した犬の年齢換算法 (2.11)

  • はじめてのペット

猫ブームの裏側に潜むもの《ブームがあろうとなかろうと猫は猫、1つの命》 (2.9)

  • はじめてのペット

予防することができない!?猫の腎臓病について (2.7)

  • はじめてのペット

雪。そして、暖かい場所を巡っての…【犬猫家族】 (2.4)

  • はじめてのペット

猫エイズを知っておこう!【にゃんこの処方箋】 (1.25)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る