TOP>プレスリリース > 「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」が愛媛県・別子銅山記念図書館に寄贈されます。

「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」が愛媛県・別子銅山記念図書館に寄贈されます。


公益財団法人日本自然保護協会 2017-11-10
国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)の子供向け推薦図書

公益財団法人 日本自然保護協会(東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F)は、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)のIki・Tomo推進事務局として、UNDB-J推薦子供向け図書「生物多様性の本箱」~みんなが生きものとつながる100冊~の寄贈プログラムを実施しています。


このたび、愛媛県新居浜市の別子銅山記念図書館に、生物多様性の理解や普及啓発、環境学習に役立つ、UNDB-J推薦の子ども向け図書「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」が寄贈されます。

これは、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)支援事業として、経団連自然保護協議会などのUNDB-J構成団体が呼びかけ、企業や個人からの支援を募り、日本自然保護協会が推進事務局となって、生物多様性の理解や環境学習に役立つ子ども向けの書籍を、生物多様性や自然保護の理解を進める教育活動を推進する施設や団体に向け、寄贈を行っているものです。

今回の寄贈は、住友林業株式会社の支援により、児童向けに読み聞かせやおはなし会、移動図書館活動を活発に行っている新居浜市の別子銅山記念図書館に寄贈が決定しました。

■「生物多様性の本箱」とは(http://undb.jp/recommend/
子供たちが生物多様性について楽しく学べる図書として、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)が選定した推薦図書で、絵本、読み物、図鑑が含まれ「生物多様性の本箱~みんなが生きものとつながる100冊~」と称しています。

■2017年11月16日の14時より、新居浜市立図書館の別子銅山記念図書館(本館)(http://lib.city.niihama.lg.jp/archives/libraries/niihama/)にて、寄贈式が行われます。






【本件に関するお問合せ先】
公益財団法人 日本自然保護協会 UNDB-J Iki・Tomo推進事務局 鶴田
メールアドレス: undbj@nacsj.or.jp
電話:03-3553-4101 FAX:03-3553-0139

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMESプレスリリース詳細へ
データ提供:

注目のグッズ

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ベッドとキャリーバッグがひとつになった多機能キャットベッド

ウイスキー評論家・山岡秀雄氏監修!キュートな猫ラベルの数量限定シングルモルト登場

避難時のペット運搬に!『避難ジャケット ベーシック(付属品9点セット)』

防炎素材を使用した避難用キャリー『ライフバッグ ポケッタブル』

災害時にペットを守る!非常用グッズが付属した『ライフバッグ カジュアル』

水難事故対策のわんこ用ライフジャケット「ツナガード for DOG」

江戸猫がアクセント!「歌川国芳」の猫をあしらったビールグラス


ページトップへ戻る