TOP>初めてのペット > 迎い入れる環境を整える

  • はじめてのペット

迎い入れる環境を整える

003-01

犬との快適な暮らしを実現するために生活空間を整えることが重要。

犬専用スペースを確保

リビングなどに犬専用のスペースを確保するため囲いであるサークルや屋根のあるケージを用意。その中に、寝床とトイレを完備させる。また、常に水が飲めるようにサークル・ケージ用の給水器も完備させることが望ましい。

 

《ポイント!》

犬がストレスを感じるような場所や危険な場所は避けること。

NG! 落下物が考えられる場所

NG! エアコンの風が直接あたる場所

NG! 騒がしくて眠ることができない場所

 

季節に合わせた環境を整えることも重要

夏の暑い時期や冬の寒い時期に合わせて、クールマットやペットヒーターなどを用意する。

犬が行動する範囲を想像し危険がないか確認する


滑りやすいフローリングは、股関節などに負担がかかりやすく、ケガをする場合があるので注意。とくに骨や関節が未発達の子犬の場合は、気をつけること。カーペットなどを敷き対応する。また、毛足の長いカーペットは犬の爪がひっかかりやすいので毛足の短いものを選ぶこと。

 

階段や段差
階段の上り下りは子犬にとって危険な行為。ある程度の年齢になるまで近づけないようにするのが得策。また、今後、上り下りをさせるのであれば階段に滑り止めマットをつけること。

 

電源コード
子犬は、いろいろなものを噛むことが多い。犬が行動する範囲内に電気コードがある場合は手の届かないところに隠すようにしよう。また、薬品などの口に入れると危険な物も必ず移すこと。

 

高熱製品
ストーブやアイロンなど、高熱になるような機器が手の届く範囲にある場合は注意。子犬は好奇心旺盛なので、触る可能性がある。

 

ドア付近
ドアの開閉時に足が挟まれる可能性があるので、開閉頻度が高いドアの近くには近づけないようにすること。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • はじめてのペット

犬と猫、一緒に暮らすと楽しさ倍増? 飼い主さんに魅力を聞いてみた (9.21)

  • はじめてのペット

やっぱりおウチが一番!【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.20)

  • はじめてのペット

9年前に行方不明になった愛犬が戻ってきた! (9.17)

  • はじめてのペット

幸せだった子育て期間、再び【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.16)

  • はじめてのペット

遠吠え、あいさつ、偽妊娠…覚えておきたい犬の生態【わんこの処方箋】 (9.13)

  • はじめてのペット

犬との幸せな時間のために生きている【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.10)

  • はじめてのペット

だから犬は面白いのである【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.9)

  • はじめてのペット

なんでコーギーだったんですか?【柴門ふみの50過ぎて犬を飼う】 (9.8)

もっと見る

注目のグッズ

手すき和紙のやさしい風合いがキュート!職人手作りの猫ちゃんマグネット

使い心地に大満足!ペット用木製ベッドホーム

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

ペットの粗相で困っている人は必見!水を噴射して汚れを吸い取る「switle」

ドラえもんのひみつ道具が散りばめられた「I’m Doraemonプリントパーカー」

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る