TOP>ニュース > どれだけ精巧なの!?気になる3Dペットフィギュアを作ってみた完結編

  • ニュース

どれだけ精巧なの!?気になる3Dペットフィギュアを作ってみた完結編

2015-10-21 14.22.54

今、流行りの3Dペットフィギュアの出来栄えが気になった編集部は取材でお世話になった「3D PET SHOP」に製作を依頼。ペットゥモローの連載でおなじみBE-PAL編集長・大澤竜二氏の愛犬「花」ちゃんをモデル犬に起用した。

スクリーンショット 2015-11-30 11.44.09

前回は、送ってもらったチェック用の完成予想画像を確認した大澤氏が、我が子かわいさのあまり修正を要求。北海道犬である「花」ちゃんの特徴のひとつ、舌にあるアザのような模様の「舌斑(ぜっぱん)」を色濃く表現してほしいと。それに対し、さらっと快く対応すると答えた「3D PET SHOP」。懐の深さ、器の大きさが際立ったところで終了したのだった。

つまり、今回は3Dペットフィギュアの完成品と念願のご対面なのである!

果たして、どんな仕上がりになったのだろうか?

ついに、下へスクロールをすると登場だ!

↓↓↓

IMG_1998-1

ばばーーーーん!

か、かわいいっ!

IMG_1999-1

毛並みもリアルに再現されている!

IMG_2000-1

お尻だってご覧の通り!

IMG_2003-1

肉球もある!

IMG_1983-1

しかも、「3D PET SHOP」さんのご好意により取り扱っている3つのサイズ全て作ってくれたのだ。3体揃うとかわいさも3倍、いや、それ以上だな。

というわけで、「花」ちゃんパパの大澤氏にお披露目だ!

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットだけでなく、すべての命を大切にするということ (11.20)

  • ニュース

1年以上も岩場にひとりぼっちの犬。韓国版忠犬ハチ公 (11.20)

  • ニュース

「犬カフェ」と「ドッグカフェ」の違いって? (11.19)

  • ニュース

大泉洋さんとベイビーグリンチがミニオンの『イエロー・クリスマス』に悪だくみ! (11.19)

[PR]
  • ニュース

中には死亡することも…消えゆく“ドッグレース” (11.18)

  • ニュース

捨て犬の為に全力を尽くす。犬を救う旅を続けるメキシコの男性 (11.18)

  • ニュース

犬にも発症する難病「筋ジストロフィー」の遺伝子治療が成功 (11.17)

  • ニュース

幸せを手に入れた元・保護犬たち。家族との写真に心が温まる。 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る