TOP>ニュース > 苦しい心のうちを打ち明けることで乗り越えるペットロス

  • ニュース

苦しい心のうちを打ち明けることで乗り越えるペットロス

名称未設定

ペットと共に暮らす人であれば誰にでも起こりうるペットロス。そのペットロスの重症化を防ぐ方法のひとつとして、「ペットロスの過程を知る」「犬友達・猫友達など、日頃からペットについて話のできる人間関係を作っておくこと」などが効果的であるということを前回、紹介した

しかし、いざその時を迎えてしまうと、いくら頭では理解していても、愛するパートナーであり家族であるペットを失うということはやはり辛く悲しい。程度の差はあるにせよ、簡単に心の整理がつくものではない。

日本ペットロス協会の吉田千史代表はこう話す。

「ペットを失った際、辛く悲しい感情を持つことはごく自然のことであり、異常でもなんでもありません。悲しむことは自らを癒す行為でもあります。悲しみを自分の心の内に閉じ込めるのではなく、正直に誰かに語り、そして共有することもペットロスを乗り越える方法の一つなのです」

自分の悲しみや苦しい心のうちを理解してくれる人に話すこと。これが気持ちの整理をつけることへとつながる。中でも、同じような境遇や経験をされた人たちであればなおさら理解してもらいやすく、心強い存在となるだろう。

スクリーンショット 2015-11-09 14.42.41

そんな辛く悲しいペットロス体験について、3か月に1度「ミーティング」という形で語り合う場所を提供しているボランティア団体がある。それがPet Lovers Meeting(以下PLM)だ。

PLMはいわゆる一般的なカウンセリングではない。ペットを失った悲嘆の中にいる人、同じ経験をした人などが集まり、お互いの悲しい思いなどを聞いたり語ったりする「場」を提供しているグループだ。

PLMが定期的に開催しているミーティングは「セルフヘルプ」を主としている。ペットを失った辛さや悲しさを自由に話し、聞き、お互いの気持ちを共有し合うことで解決の糸口を自らが見つけていくこと、それがここで言うセルフヘルプである。

愛する家族、パートナーであるペットを失った者同士だからこそ理解できる辛さ、悲しみ。これらの気持ちをこのミーティングで聞いたり、話したりすることで、悲しみでいっぱいの心の中に一筋の光をもたらしてくれるのではないだろうか。

スクリーンショット 2015-11-09 14.45.11

さらにPLMは、ペットロス経験者で初歩的な傾聴訓練を受けたボランティアによる、「ホットライン」を設けている。ミーティングに参加できない方は、今の気持ちを聞いてもらうだけでも気持ちは変わって来るはずである。

また、SNSやブログ等でもペットロスについて話すことのできる場がある。今のうちから調べておいて、自分にあった方法を見つけておくのもいいだろう。

スクリーンショット 2015-11-09 16.31.37

直接会合に参加したり、話をしたりするのが苦手な人は、「To the rainbow bridge ペットロス虹の橋へ」というサイトを覗いてみてはどうだろう。こちらのサイトは、亡くなったペットへの想い、自分の辛い気持ちなどを遠慮なく掲示板という形で綴ることができるサイトだ。掲示板に思いを書き込むと、その思いに共感してくれる人や同じような経験をした一般の人が「返信」という形で書き込んでくれたりする。それだけでも、心が癒されるものだ。

運営者である吉増ケンゾウ氏はこのサイトを始めようと思ったきっかけをこう語る。

「ペットを亡くした時に、まるで配偶者を亡くした時と同じように悲嘆にくれている友人たちの姿を見て、何とかしてあげられないものだろうか…と考えたのがきっかけです。何か自分にできることはないだろうか、その時、”Rainbow Bridge(虹の橋)”という外国の詩に出会いました」

「その詩にとても感動し、自分で翻訳までしました。まさに一緒に暮らしたペットは家族そのものです。その家族を失って悲しんでいる人は他にもたくさんいるはず、自分にできることがきっとある。そう思って始めたのがこのサイトです」

吉増氏の信条は「自分の幸せとは、他の為に生きること」だという。本業はクリーニング業でありながら、その信条からペットロスで悲しむ多くの人たちのために、従業員の方々の協力を得ながらこのサイトを完全無料で運営している。

スクリーンショット 2015-11-09 14.52.02

また、サイト内には「虹の橋」の詩の世界を創造したかのような、とてもかわいらしいイラストの「インターネット墓地 虹の橋霊園」もある。簡単な登録で「愛するペットのネット上のお墓」として利用できるようにもなっている。

その他、たくさんの暖かい言葉が至る所にあり、とても勇気づけられるサイトとなっている。現在、ペットロスで辛い思いをされている人や過去にペットロスを経験した人はぜひ、このサイトを訪れてみてはどうだろうか。そしてまだ経験はないという人も、いつかは来るその時の為に見ておくことも良いかもしれない。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

  • ニュース

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • ニュース

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • ニュース

犬と一緒に暮らす上で覚えておきたいこと (2.16)

  • ニュース

仕事が忙しい飼い主に手放された2頭の犬【保護犬と暮らす】 (2.15)

  • ニュース

マリアのお薦め遊・食・買・作スポット 伊豆高原編「愛犬の駅」 (2.15)

  • ニュース

ペットを飼育して想像以上にお金がかかるのは…? (2.15)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る