TOP>ニュース > 自然の中でわんこと一緒にそばを堪能!東京「深大寺」【わんことおでかけ】

  • ニュース

自然の中でわんこと一緒にそばを堪能!東京「深大寺」【わんことおでかけ】

jd1 (3)2

日本三大だるま市のひとつ「元三大師大祭だるま市」が毎年3月に開かれることで有名な深大寺(東京・調布市)。境内の周りは、400年も前からとてもうまいと評判の「深大寺そば」を作り続ける名所でもある。現在20店舗以上のそば屋が軒を連ねるが、実はここはペットと休日を過ごすパラダイスともいうべき場所なのだ。

jd1 (18)2

京王新宿駅から急行で約20分、つつじヶ丘駅で下車し、バスに乗り換え、揺られること約15分で緑に囲まれた深大寺そば屋街に到着する。ちなみに筆者は地元民、自転車に乗って犬連れでやって来た。名前はシロー、オス(8才)、ロングコートチワワである。よろしく。

jd1 (4)2

jd1 (8)2

入ると正面には深大寺の山門が、すぐ左手にはゲゲゲの鬼太郎をモチーフにした「鬼太郎茶屋」が見える。右手にはそば屋の「鈴や」があり、そこから奥へ行くとそば屋がズラっと並ぶ。どこにしようか、当然犬と入れるお店。そこで案内所のお店リストを確認すると、なんと大半のお店が「ペット可」であった!!

jd1 (12)2

jd1 (13)

歴史あるそば屋街なのに、ペット同伴オッケーとは時代の先を行っているではないか。「これはいい、では」とその前に何やら香ばしい匂いが・・・。山門のすぐそばに「あめや」というそばまんじゅう屋があった。だが、よくよく見ると匂いは「そばパン」を蒸かしているものだった。

jd1 (17)

つぶあん、かぼちゃなどの餡子が挟んであり、中にはひじきがはいったものも・・・。筆者はつぶあんを犬を膝の上に乗せながら、同行した編集者はたまたまひじき好きだったのでひじき入りを店前のベンチに座って食べた。ふっくらした触感でとても美味しく、犬も食べたそうであった。あと、ひじき入りもベリーナイス!だったそうである。

jd1 (24)2

さて、いよいよお目当てのおそば。すると途中、大黒天と恵比寿さまの石像が・・・。「少しでもギャラが上がりますように」と犬といっしょに心からお願いした。

jd1 (27)2

jd1 (38)2

山道のようなひっそりとした道を犬といっしょに登っていくと、イヌネコの写真入りの「ペットOK」の看板が見えた。「深山茶屋」という見晴らしの良い場所にあるお店で、屋外の席がすべてペットといっしょに座れるようになっており、犬連れのお客がひと組いた。筆者一行がすぐ傍の席に座ると、犬同士のコミュニケーションをきっかけに人間同士のコミュニケーションにもつながった。

jd1 (37)2

そばは「納豆そぱ」を注文。この自然に囲まれた空間で食べる歴史あるそば、大いに満足である。そして、どこかの係留所ではなく犬が隣にいることが、何より落ち着き、食が進む。やはりペットの与える安心感は絶大だ。

jd1 (34)2

ふと店の奥を見ると、白黒ネコが一匹ちょこんと座っていた。ここの店の看板ネコだそうだ。緑豊かな空間で愛犬や看板ネコを見ながらが美味しいそばをすするというシチュエーション。都会ではあまり味わうことのできないゆったりとした時間の流れにすごく癒される。ましてや、これが東京で体感できるとは驚きだ。

jd1 (43)2

jd1 (42)2

jd1 (41)2

お店を出てさらに奥に行くと、今度は高い塔が聳えていた。これは「深大寺万霊塔」という共同埋葬墓地で、深大寺動物霊園の中にある。ここではペットを火葬し、遺骨を安置してくれるわけだ。門をくぐるとペットの名前が書かれたたくさんの幟が立っている。墓地の手前には鳥獣観音があり、すぐ横にペットへの願いが書かれた絵馬が数多く掛けられていた。

jd1 (45)2

これでひと通り散歩終了と思いきや、まだあった。市営ドッグランが敷地を出て道路を挟んだ先にある。さらに、その隣には市営体育館もあり、外観はつい登りたくなるような小高い丘になっている。犬とがんばっててくてく登っていくと、街やドッグランが一望できた。いい景色だ。散歩の締めくくりにはピッタリ。

jd1 (49)2

jd1 (58)2

ドッグランは小型犬、大型犬エリアに分かれており、筆者一行はお腹いっぱいで少し眠くなりながら、小型犬エリアの犬たちの戯れをぼおっと見守っていた。そういえば、今はそばの花が見ごろだという。ドッグランの横をちらりと見ると、そばの白い花が満開であった。あまり目立たない小さい花だが、この花が実るおかげでうまいそばが食べられと思うと、嬉しくならずにはいられなかった。

jd1 (63)2

というわけで、小一時間のとても充実した散歩であった。ペットとのおでかけを東京で楽しみたいなら、のびのび寛げる深大寺そばの散歩道はかなりお勧めだ!

◆深大寺HP
http://www.jindaiji.or.jp/
◆調布市観光協会HP
http://www.csa.gr.jp/

取材・文/羽石竜示

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト (10.18)

  • ニュース

職場に犬がいることで仕事効率がアップする!? (10.18)

  • ニュース

音を怖がる、メスが多い…「犬の若白髪」と意外な関係 (10.18)

  • ニュース

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • ニュース

犬を診断する新しい占い。星座別ワンコの性格診断 (10.17)

  • ニュース

ワンコの一芸。「待て」をするわんこに笑撃のラスト(笑) (10.17)

  • ニュース

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ (10.17)

  • ニュース

国によって異なる犬の避妊去勢手術の考え方 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

犬と猫、どっちを選ぶ…?村松誠の2018年版カレンダー

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る