TOP>ニュース > 犬猫探しの命綱はチラシって本当…?

  • ニュース

犬猫探しの命綱はチラシって本当…?

犬猫探しの命綱はチラシって本当…?

迷子猫の捜索は、一にも二にも情報が頼り。TwitterなどSNSで目撃情報を収集するのも効果はあるかもしれませんが、いそうなエリアの多くの人が確実に目にする、という点ではポスターやチラシのほうが実質的な効果は絶対的に高いと言えるでしょう。実際、ペット探偵のサイトを見ても「猫探しの命綱はチラシ」と書かれていることが多いのです。

とはいえ、何も作ったことがない人がいきなりポスターやチラシを作るのも大変です。自宅にソフトやプリンターが無かったりすると時間もかかりますし、完成したものもわかりにくかったり、人目をひかず、苦労したわりに効果が薄い、ということもありそう…。そんな時はプロに頼んでしまうほうが得策。広告制作会社が運営するペット捜索用ポスター・チラシ制作専門サイト「迷子ペット.net」さんに、実際のプロセスをお聞きしました。

作り方はとても簡単。サイトの「商品一覧」から気に入ったデザインを選び、写真と情報をメールすれば、サイトから仕上りイメージが送られてくるので、それを確認するだけです。当日14時までに仕上り画像を確認すれば当日発送で翌日には受け取れるそうです(北海道・九州・沖縄・離島 他は翌々日以降)。料金は、A4チラシ100枚で 税込み6800円から。

送る写真は顔よりも、全身の体型・色柄がはっきり写っているものがいいそうです。ポーズは、立って四肢がしっかり写っているものがベター。写真がたくさんあると選ぶのにも迷ってしまいそうですが、全身が写っている写真を数点送れば、経験豊かなスタッフがポスターに最適なものを選択してくれるとのこと。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る