TOP>ニュース > 新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由

  • ニュース

新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由

新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由

ペットは私たちの暮らしをさらに豊かにしてくれる素晴らしい相棒ですが、さまざまな事情で飼い主と離れ離れになる犬や猫も多数いるのが実情ですよね。

こういった元ペットたちの中には、その後ボランティア団体によって保護、管理されたのち、譲渡会を通じて第二の家族のもとに渡す子たちも多数います。

以前から全国各地で譲渡会はさかんですが、いきなり譲渡会に出向いて、その日のうちにペットを連れて帰ることのできるケースは少ないことを、ご存知の方も多いはずです。

でも、あまり譲渡会の仕組みに詳しくない方にとっては、どうして即日ペットを引き取れないのか、理解に苦しむところもあるでしょう。

そこで今回は、譲渡会でペットの里親になるために欠かせない条件と、なぜ当日ペットを引き取ることが難しいのかについて、理由をご紹介していきましょう!

■新しい家族を見つける場である譲渡会では、必要事項は結構多い!

譲渡会について最初に知識として頭に入れておきたいのが、ここにやってくる犬や猫は、過去に飼い主に飼育放棄されたり、野良の状態で保護されたといった経緯のある動物たちが多いということです。

そしてそんな動物のことを、譲渡会の主催者側としては、なんとして幸せになってもらいたいと切望しています。

ですので里親を希望する方の身元や飼育についての知識の有無については、神経質にならざるを得ません。

具体的には、里親希望者の住所、氏名、家族構成、自宅が動物の飼育に適しているかなどの情報を、譲渡会の主催者は重視します。これは里親の元でペットが幸せに暮らせるかどうかに直結する重大な要素。

たとえば家が狭ければ動物にとってはストレスになりますし、住所も明かさない里親希望者の中には、虐待や転売目的でやってくる人もいます……。こういった、里親に適さない希望者をふるいにかけるためにも、身元の調査はある程度仕方がないところというわけですね。

これがあるので、なかなかその日のうちに里親決定となる事例は少なくなってしまいます。特にこのところは、高齢者の方の一人住まいである場合、介護が必要になった際には十分な飼育管理が難しくなるので、譲渡会を主催する方々の中でも対処に窮しているケースもあるようです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る