TOP>ニュース > 「約束だよ すてたり いじめたり しないって」小さな命を救うために啓発電車が走る

  • ニュース

「約束だよ すてたり いじめたり しないって」小さな命を救うために啓発電車が走る

「約束だよ すてたり いじめたり しないって」小さな命を救うために啓発電車が走る

現在日本では、15歳以下の子供の数を大きく上回る数の犬猫が飼育されており、今や家族の一員としては勿論、社会の一員として認められつつある。

しかし、一方では飼育放棄、遺棄、動物虐待、ご近所とのトラブルなどが後を絶たず、いまだに多くの犬や猫が殺処分されているのが現状だ。

犬猫の殺処分に関しては、平成28年度は113,799頭が行政の動物愛護センターへ持ち込まれ、55,998頭が殺処分された。特に、猫は殺処分数の8割以上を占めている。

そんな中、和歌山で小さな命を救うための啓発電車が走る。

2018年6月18日(月)13:02伊太祈曽駅発 和歌山行よりスタート3年間運行予定。6月18日(月)12:45より和歌山電鐵 貴志川線 伊太祈曽駅にて出発式を行う。

公益財団法人日本動物愛護協会は、動物たちの置かれている状況を知ってもらい、改善するため、猫を駅長として大切に育てている和歌山電鐵とタッグを組み、ラッピング電車、車内掲示により、動物愛護について発信、啓発を行い、動物たち(特に猫)を幸せにする活動により、殺処分の低減を目指す。

車両デザイン


犬と猫のイラストを使ったとってもかわいい車両。

車内ドア横には8枚のポスターを使って本協会の推奨する飼い主に必要な10の条件を掲示、飼い主責任を訴える。


社内中吊りでも猫たちを救うため、わかりやすく問いかける。

イラスト:Ⓒボンボヤージュ/ボン社

関連情報/http://jspca.or.jp/
構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

  • ニュース

小さな腕でギュッと抱き合って眠る『ゆずここ 小さな小さなうでまくら』 (10.15)

  • ニュース

ペット100匹を死体遺棄…? 悪徳ペット葬儀業者の被害者にならないために。 (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る