TOP>ニュース > カクテルを飲むと1ドルが犬猫の保護施設に寄付される、ユニークな樽型バー

  • ニュース

カクテルを飲むと1ドルが犬猫の保護施設に寄付される、ユニークな樽型バー

カクテルを飲むと1ドルが犬猫の保護施設に寄付される、ユニークな樽型バー

ロサンゼルスの観光スポットで映画のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」。そこから車で10分ほど北へ行った場所に、見た目は美術館か博物館のような、ユニークな樽型バー「Idle Hour」があります。

重厚な木材素材で、見るからに大きな樽。建物の中に入っても樽のカタチがわかります。

1940年代、車産業が盛んになった時期、ドライブしながらでも目立つようにと動物などの建物が流行り、そのひとつに樽型のカフェが誕生。1970年代には「La Caña」というフラメンコバーになりましたが、ほどなく閉店。そして、2015年、75年の歴史を持つこの建物が「Idle Hour」として、地元の人をはじめ、多くの人に愛される店へと生まれ変わりました。

樽のカタチが印象的ですが、実は中庭にもうひとつロサンゼルスを象徴する面白いブルドック型の建物があります。これは1960年代初期、タマレス(メキシコ料理)とアイスクリームを販売していたカフェのレプリカ。愛嬌あるブルドックの建物の中は、現在はバーの貸し切りスペースとして使用。使われていなときは中を見学できます。

ブルドックが置かれている中庭では、地元ミュージシャンの演奏が行われ、連日賑わっています。

このブルドックにちなんで、店内にはブルドックの置物がちらほら。ペットフレンドリーなため、犬を連れて飲みに来る人も多く見られます。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

知らなきゃ損! 知って得する「犬猫助成金」給付例 (6.20)

  • ニュース

犬が見せる意外な「ストレスサイン」とは… (6.19)

  • ニュース

美味さ100倍…? フォトビーで「愛犬ラベル」のビールを作ってみた! (6.19)

  • ニュース

人間に翻弄される犬や猫たち。動物愛護気運が加速する裏側で (6.18)

  • ニュース

新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由 (6.17)

  • ニュース

ザキトワを魅了した秋田犬! 懐くまでに意外と時間がかかる? (6.15)

  • ニュース

世界一レアな犬?世界に350匹しかいない『チェスキー・テリア』 (6.13)

  • ニュース

保護犬と暮らす障害者グループホーム『わおん』が開設 (6.12)

もっと見る

注目のグッズ

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る