TOP>ニュース > カクテルを飲むと1ドルが犬猫の保護施設に寄付される、ユニークな樽型バー

  • ニュース

カクテルを飲むと1ドルが犬猫の保護施設に寄付される、ユニークな樽型バー

カクテルを飲むと1ドルが犬猫の保護施設に寄付される、ユニークな樽型バー

ロサンゼルスの観光スポットで映画のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」。そこから車で10分ほど北へ行った場所に、見た目は美術館か博物館のような、ユニークな樽型バー「Idle Hour」があります。

重厚な木材素材で、見るからに大きな樽。建物の中に入っても樽のカタチがわかります。

1940年代、車産業が盛んになった時期、ドライブしながらでも目立つようにと動物などの建物が流行り、そのひとつに樽型のカフェが誕生。1970年代には「La Caña」というフラメンコバーになりましたが、ほどなく閉店。そして、2015年、75年の歴史を持つこの建物が「Idle Hour」として、地元の人をはじめ、多くの人に愛される店へと生まれ変わりました。

樽のカタチが印象的ですが、実は中庭にもうひとつロサンゼルスを象徴する面白いブルドック型の建物があります。これは1960年代初期、タマレス(メキシコ料理)とアイスクリームを販売していたカフェのレプリカ。愛嬌あるブルドックの建物の中は、現在はバーの貸し切りスペースとして使用。使われていなときは中を見学できます。

ブルドックが置かれている中庭では、地元ミュージシャンの演奏が行われ、連日賑わっています。

このブルドックにちなんで、店内にはブルドックの置物がちらほら。ペットフレンドリーなため、犬を連れて飲みに来る人も多く見られます。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

  • ニュース

小さな腕でギュッと抱き合って眠る『ゆずここ 小さな小さなうでまくら』 (10.15)

  • ニュース

ペット100匹を死体遺棄…? 悪徳ペット葬儀業者の被害者にならないために。 (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る