TOP>ニュース > 間違ってゴクり…。ペットの誤飲問題を防ぐには?

  • ニュース

間違ってゴクり…。ペットの誤飲問題を防ぐには?

間違ってゴクり…。ペットの誤飲問題を防ぐには?

犬や猫を飼っていると、しばしば飼い主が部屋に置いていた小さなものを食べてしまうという事例に見舞われる可能性にヒヤヒヤすることがあります。

こういう場合、下手をするとペットの生死に関わる重大な状況を招くこともあります。「普通は食べないでしょ〜」と油断しているものに限って、ペットが口に入れてしまうことって、決して珍しい話ではありません!

飼い主たる者、24時間365日、誤飲問題については常に神経質でなくてはいけません。
今回は、ペットが誤飲をしてしまった事例について、比較的よくあるケースを紹介していきましょう。

■肉、魚の骨を誤飲して怪我をするパターンに注意!

人間と同じく、ペットも食事中に誤飲をすることで、怪我をしてしまったり、命の危機に陥ることはあります。
たとえば筆者の幼馴染の飼っていたワンちゃんは、以前骨付きの肉を食べる際、骨まで飲み込んで喉に刺さって怪我をしてしまうという事態に見舞われました。

特に空腹時だと、お肉はご馳走。

骨付きだろうと構わずバリバリ食べてしまうワンちゃんだっていることでしょう。だけどそのまま勢い余って飲み込んでしまうと、いつかは怪我をしてしまうもの。

「うちの子は丁寧に食べるから大丈夫」とか「骨ごと食べるから平気」みたいな過信は持たずに、あたえる全ての食べ物に誤飲の心配がないか確認しておきましょう。
根本から誤飲から来る怪我をなくしたいなら、ペットフードだけをあたえるように徹底していれば、こういった事故は防げますね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

人命救助にも活躍する「災害救助犬」の仕事ぶり (8.19)

  • ニュース

飼い主が交通事故に!犬の散歩費用って賠償してもらえるの? (8.18)

  • ニュース

飼い主必見!ペットの投薬を簡単に済ませる3大裏技 (8.18)

  • ニュース

このドヤ顔、可愛くない?(笑)写真集『柴犬りゅうじ』 (8.17)

  • ニュース

動愛法改正を前に、何が問われているのか? 中央環境審議会動物愛護部会を傍聴して (8.17)

  • ニュース

子供に犬の散歩を任せるとき。絶対教えておきたい2つのアドバイス (8.16)

  • ニュース

いたずらっ子のパグを警察が無事に保護!(笑) (8.16)

  • ニュース

“人生100年時代”に、シニアになってもペットと幸せに暮らす方法とは (8.14)

もっと見る

注目のグッズ

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る