TOP>ニュース > 緊急企画「東日本豪雨におけるペットの避難に学ぶ、ペットの災害対策」

  • ニュース

緊急企画「東日本豪雨におけるペットの避難に学ぶ、ペットの災害対策」

まずは東日本豪雨で被災した方々にお見舞い申し上げます。

ところで、ララが心配しているのは、被災した家族の飼い犬たち。

ララが軽井沢の崩壊した繁殖場からレスキューされたあと、一時預かりのボランティアさんとしてララ(当時の名前は、りんご)を預かってくれた、つくばに住むHさんは、早速、現地にお世話グループの獣医師、ドッグトレーナー、優良家庭犬認定試験に合格した一般の飼い主さんで構成されたボランティアとして足を運び、常総市の避難所で多くの被災犬たちをレスキューしてくれたんだ。

001
2014年11月23日。Hさんに連れられて、始めてわが家にやってきた日。この日からララはわが家の子になりました。抱いてくれているのが、もうすぐお別れする、一時預かりしてくれたHさん。

でも、命からがら向かった先の避難所では、やっぱり屋内、室内に犬は入れない。

Hさんのブログの言葉を借りると・・・・

 

別の避難所に向かうと、2つの建物の二階部分を繋ぐ渡り廊下に、人と犬が何組かいらっしゃいました。

「犬を連れて部屋に入れない」と、仕方なくそこで過ごしていたわけです。

しかも、その渡り廊下には壁がないんです…。

皆さん疲れ果てた表情でした。何も持たずにわんちゃん抱いて逃げてきたけれど、犬okの部屋はなく、硬い床にダンボールを敷き、直に聞こえるヘリや発電機の騒音は止むことなく、廊下だから頻繁に人が通る…。

わんちゃんたちも、短く繋がれ身動きできず…。

避難から3日目。お話しても、声に力が入らない方ばかりでした。

壁のない渡り廊下で、小さなわんちゃんと丸くなって寝ている人や、具合の悪そうなわんちゃんをずっと撫でている人などを目の当たりにして、またまた「同行避難」の大変さを考えてしまいました。

その中から飼い主さんが預けたいと希望するわんちゃんを5頭、2回に分けて運びました。近くに場所を提供してくださる方がいたのです。

不安いっぱいで鳴くわんちゃんたち。

いちいち、「もしこれが自分の身に起こったことだったら、うちの犬たちはこんなふうに預かってもらえるのだろうか。」なんて考え、改めて「しつけ」の大事さを感じてしまいました。

 

マリア姉さんも、ララも心が痛みます。真夏、真冬だったらどうなるんだろう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

アナタは大丈夫…?ちょっと避けたいワンコへのこんな挨拶 (2.23)

  • ニュース

お散歩デート3。【まう助日記】 (2.22)

  • ニュース

小型犬と大型犬、飼う時の違いってあるの?【いぬのはてな】 (2.21)

  • ニュース

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • ニュース

世界で活躍する「スポーティング・グループ」に属する犬たち (2.21)

  • ニュース

日本人と犬の歴史はいつから始まったの?【いぬのはてな】 (2.20)

  • ニュース

『第4回ワン!にゃん!かるた』最優秀賞を発表‼︎ (2.20)

  • ニュース

「あなたは犬派?猫派?」犬派が6割という結果に! (2.20)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る