TOP>ニュース > 日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?

  • ニュース

日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?

日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?【いぬのはてな】

盲導犬は目の不自由な人にとって、大切なパートナーともいえる存在です。

アメリカでは1929年に盲導犬を育成する「シーイング・アイ協会」が設立されましたが、日本に初めて盲導犬が輸入されたのは、それから10年後の1939年だといわれています。

この年にアメリカから輸入された訓練済みの盲導犬は、日本で最初の盲導犬だとされています。

そして、1957年には実際に日本でも盲導犬の訓練が行われるようになりました。

この訓練を行った盲学校教諭の塩屋賢一は日本で、盲導犬の父とも呼ばれています。

その後、1989年には塩谷氏が主宰した「東京盲導犬協会」が「アイメイト協会」へと名称変更されました。

そのため、現在では盲導犬のことをアイメイトと呼ぶ人もいます。

日本で盲導犬として一時期大活躍していたのが、シェパードでした。

シェパードは知的で忠実な性格であるため、盲導犬にぴったりだと考えられていましたが、周りの人に怖がられやすかったり、デリケートな感覚を持っていたりしたため、次第に犬種が再検討されるようになっていったのです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

本当に飼える…?犬を迎える前に必要な3つの心構え (5.26)

  • ニュース

わんこの笑顔は無敵!『BESTスマイル100』を大発表‼︎(vol.5) (5.25)

  • ニュース

ペットはいたずらの達人!思わぬトラブルを防ぐために飼い主がすべき努力とは…? (5.24)

  • ニュース

愛犬にお試しあれ!スマートな「オトナの食事術」 (5.24)

  • ニュース

大盛況!愛犬家が多く来場したドッグイベント『DOG FRIENDLY FESTA』 (5.24)

  • ニュース

見た目の醜さを競い合うドックコンテストとは? (5.24)

  • ニュース

わんちゃんねこちゃん太鼓判!夏場にあると大助かりな「ひんやりグッズ」 (5.23)

  • ニュース

足の関節上部までカバー!犬用靴下『Skitter PLUS』が登場 (5.23)

もっと見る

注目のグッズ

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る