TOP>ニュース > 日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?

  • ニュース

日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?

日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?【いぬのはてな】

盲導犬は目の不自由な人にとって、大切なパートナーともいえる存在です。

アメリカでは1929年に盲導犬を育成する「シーイング・アイ協会」が設立されましたが、日本に初めて盲導犬が輸入されたのは、それから10年後の1939年だといわれています。

この年にアメリカから輸入された訓練済みの盲導犬は、日本で最初の盲導犬だとされています。

そして、1957年には実際に日本でも盲導犬の訓練が行われるようになりました。

この訓練を行った盲学校教諭の塩屋賢一は日本で、盲導犬の父とも呼ばれています。

その後、1989年には塩谷氏が主宰した「東京盲導犬協会」が「アイメイト協会」へと名称変更されました。

そのため、現在では盲導犬のことをアイメイトと呼ぶ人もいます。

日本で盲導犬として一時期大活躍していたのが、シェパードでした。

シェパードは知的で忠実な性格であるため、盲導犬にぴったりだと考えられていましたが、周りの人に怖がられやすかったり、デリケートな感覚を持っていたりしたため、次第に犬種が再検討されるようになっていったのです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

“人生100年時代”に、シニアになってもペットと幸せに暮らす方法とは (8.14)

  • ニュース

信頼できる動物病院選びのために押さえておきたい「3つの安心」 (8.11)

  • ニュース

もっと知りたい柴犬!歴史、性格、飼い方について学んでみよう! (8.10)

  • ニュース

犬はオオカミよりも仲直りが苦手…? (8.9)

  • ニュース

ベテランドッグプールスタッフに聞いた「ライフジャケット選び」のココが大事! (8.9)

  • ニュース

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平 (8.9)

  • ニュース

犬の吠え声で近所問題に発展…実際に起きた2つのトラブルとその解決法 (8.8)

  • ニュース

どんな時でもペットのお墓参りができるサービス『ペットWEB墓』が誕生 (8.8)

もっと見る

注目のグッズ

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る