TOP>ニュース > 日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?

  • ニュース

日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?

日本に初めて盲導犬がやってきたのはいつ?【いぬのはてな】

盲導犬は目の不自由な人にとって、大切なパートナーともいえる存在です。

アメリカでは1929年に盲導犬を育成する「シーイング・アイ協会」が設立されましたが、日本に初めて盲導犬が輸入されたのは、それから10年後の1939年だといわれています。

この年にアメリカから輸入された訓練済みの盲導犬は、日本で最初の盲導犬だとされています。

そして、1957年には実際に日本でも盲導犬の訓練が行われるようになりました。

この訓練を行った盲学校教諭の塩屋賢一は日本で、盲導犬の父とも呼ばれています。

その後、1989年には塩谷氏が主宰した「東京盲導犬協会」が「アイメイト協会」へと名称変更されました。

そのため、現在では盲導犬のことをアイメイトと呼ぶ人もいます。

日本で盲導犬として一時期大活躍していたのが、シェパードでした。

シェパードは知的で忠実な性格であるため、盲導犬にぴったりだと考えられていましたが、周りの人に怖がられやすかったり、デリケートな感覚を持っていたりしたため、次第に犬種が再検討されるようになっていったのです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

シニア犬には元気なうちから「ワンツー」サインを覚えさせよう (1.20)

  • ニュース

ワンコって不思議!犬の謎行動のオモシロ画像21選! (1.20)

  • ニュース

雪道で炎症する犬の肉球。冬に実践すべき「しもやけ対策」 (1.19)

  • ニュース

ちょんぴーという名前【ぼくと三本足のちょんぴー】 (1.18)

  • ニュース

ブルドッグの「スクリュー・テイル」と「人の奇病」との意外な関係 (1.16)

  • ニュース

崩壊した繁殖場から保護された奇跡の犬 マリア (1.15)

  • ニュース

シニア犬は後ろ脚を鍛えるべしっ! (1.14)

  • ニュース

江戸時代は犬が人に代わって「お伊勢参り」していた? (1.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る