TOP>ニュース > 西郷隆盛は現代で言うと「犬マニア」だった…?

  • ニュース

西郷隆盛は現代で言うと「犬マニア」だった…?

西郷隆盛は現代で言うと「犬マニア」だった…?

日本の歴史上、「犬」と関連が深い人物というと、真っ先に出てくるのは犬公方と呼ばれた第五代将軍徳川綱吉と、明治維新に名を残した西郷隆盛なのではないだろうか。


上野恩賜公園(東京都台東区)内にある愛犬を伴った西郷隆盛の像/©Pmoon

東京都台東区内にある上野恩賜公園の一角にたたずむ愛犬を連れた西郷隆盛の銅像はあまりにも有名だが、考えてみれば人と犬とが一緒の像というのは思ったほど多くはないような気がする。

この銅像は、西郷隆盛の旧友であった吉井友実および薩摩藩出身の同志らによって企画され、明治26年(1893年)に起工し、4年後の明治30年(1897年)に竣工。その翌年の明治31年(1898年)に除幕式が行われたそうだ。

銅像の作者は彫刻家高村光雲で、その長男は詩人・彫刻家の高村光太郎であることはよく知られている。とは言っても、光雲が制作したのは西郷隆盛の像のみで、犬の像は彫刻家後藤貞行の手によるとされる。貞行は馬の彫刻が得意だったらしく、皇居外苑にある馬に騎乗した楠木正成像の馬の部分を制作したのも後藤貞行であるという話だ。

動物の姿やその様を表現するには、抽象的なものであるならいざ知らず、リアルに表現しようとすると、その動物のロコモーションを理解していなければ難しいだろう。芸術家、または表現に秀でた人は、科学的なものを乗り越えて、それを感覚的に理解できているのかもしれないが、どこから見ても凛々しい犬として表現されている西郷隆盛像の犬は、彼の愛犬であった薩摩犬の「ツン」(メス犬)であると一般的には言われている。

しかし、銅像制作時にはすでにツンが亡くなっていたため、同じ薩摩藩出身の海軍軍人仁礼景範宅で飼われていた薩摩犬のオス犬をモデルにして制作されたと伝えられており、ツンであって、ツンでないということになる。犬のサイズは西郷隆盛とのバランスを考えて調整されたようだが、ツンそのものを表現したかったというより、複数の犬を飼っていたとされる西郷隆盛のこと、その愛犬たちを代表する形でツンの姿が描かれたのかもしれない。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

少年の心を開いた前足のない子犬。 心あたたまるCGアニメ (12.12)

  • ニュース

保護犬のその後。捨て犬からボランティア犬となったTレックス (12.11)

  • ニュース

女性は隣に寝ているのが彼氏よりも、犬のほうが安らぐって本当…? (12.9)

  • ニュース

愛犬家必見!ペットと楽しめる“ふるさと納税”二大返礼品 (12.7)

  • ニュース

「愛犬を迷子犬にさせないで」タイのショートフィルムがあたたかい。 (12.6)

  • ニュース

犬猫を飼う高齢者は「社会的孤立」をしにくい? (12.5)

  • ニュース

しつけが難しい日本犬と信頼関係を育むには…? (12.4)

  • ニュース

グリンチがPerfumeダンスを踊る…?Perfumeも太鼓判の動画をチェック! (12.4)

[PR]
もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る