TOP>ニュース > 犬猫の不妊去勢手術費用捻出のためにペットフードに特別課税?

  • ニュース

犬猫の不妊去勢手術費用捻出のためにペットフードに特別課税?

犬猫の不妊去勢手術費用捻出のためにペットフードに特別課税?

犬猫の殺処分。また、それに付随した不妊去勢手術の実施。こうした問題を抱える国や地域は日本ばかりではなく、諸外国にもあるわけだが、アメリカのニューメキシコ州では、その問題解決の一助として、ペットフードに大幅な特別料を課す法案が提出されたというニュースが今年の1月にあった。

と言っても、ペットフードの販売・メーカー側が毎年登録料として支払うもので、これまで1ブランドにつき2ドルだったものが、一気に100ドルに引き上げられるそうだ。現状、約8,300ブランドのペットフードが存在し、増額によって80万ドル以上を得る計算となり、ペットの不妊去勢手術費用が払えない生活に困窮した人たちを助けると共に、年に8,000~1万頭のペットにそのサービスを提供できる見積りだという(*1)。

賛成派は、州内の犬猫の殺処分数を減らし、増え過ぎたペットの数を抑制する効果も期待できるとしているが、反対派には、大幅な増額は小売り商品の値段に上乗せされ、結局は消費者に負担がかかることが予想される上に、メーカーはニューメキシコ州での取引に二の足を踏むかもしれないという意見もあるようだ。

この法案(アニマルプログラムに係るペットフード登録料)がその後どうなったのか、ニューメキシコ州の法律サイトで確認してみたところ、2月8日に下院において賛成48:反対19で通過し、2月14日には上院において賛成30:反対4で通過したとある(*2)。

ちなみに、不妊去勢手術費用を確保するための類似した法律はメイン州やメリーランド州などにもあるそうだ(*1, 3)。

このような“ペットフード税”とは別に、いわゆる犬の飼育に関して課税される“犬税”というものを設定している国や地域もある。

たとえば、オランダ。オランダではほとんどの都市で犬税(hondenbelasting)が導入されているとのことで(*4)、北海の沿岸近くに位置するハーグ(デン・ハーグ/Den Haag)という都市のホームページで税金について見るみると、犬を飼育している場合は、犬の大きさに関係なく、税金を支払わなければならないとなっている(注:盲導犬やサービスドッグの場合は申請をすることによって免除される)。

2018年現在、1頭目は116.28ユーロ(約15,177円)で、2頭目は182.28ユーロ(約23,808円)、3頭目は231.12ユーロ(約30,188円)となり、つまり、頭数が増えるごとに高くなっていく。3頭飼っているとするなら、合計で7万円近い額を支払うことになるわけだ。もし、犬税が支払えない場合は、免除対象条件に相当するならそれも可能なようだが、それでも1頭目の犬にしか適用されないという(*5)。(注:レートは3月20日時点のもの)

また、ドイツの犬税の場合は、以下を参考に。

出典:(*6)諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況 -イギリス、ドイツ、アメリカ- 調査と情報-ISSUE BRIEF- NUMBER 830 (2014, 9, 16)/国立国会図書館 調査及び立法考査局農林環境課(遠藤真弘)

ただし、上記出典中にあるのと同様のドイツ各自治体における犬税額が公開されているサイトを見ると、その地に住む一般の人がデータを記入する形となっているため、中には現在の額とは違っている場合もあるかもしれないということで、その点は差し引く必要があるだろう。

<その他ドイツの自治体における犬税の例>(単位/ユーロ)


(*7)Hundesteuer – Datenbank / ZERG Portalを参考に作成

その他、モンゴル国や(*8)やオーストリア(*9)、チェコ(*10)などにも犬税があるとのことだ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の検尿。どのように採取すればいい? (6.20)

  • ニュース

知らなきゃ損! 知って得する「犬猫助成金」給付例 (6.20)

  • ニュース

犬が見せる意外な「ストレスサイン」とは… (6.19)

  • ニュース

美味さ100倍…? フォトビーで「愛犬ラベル」のビールを作ってみた! (6.19)

  • ニュース

人間に翻弄される犬や猫たち。動物愛護気運が加速する裏側で (6.18)

  • ニュース

新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由 (6.17)

  • ニュース

ザキトワを魅了した秋田犬! 懐くまでに意外と時間がかかる? (6.15)

  • ニュース

世界一レアな犬?世界に350匹しかいない『チェスキー・テリア』 (6.13)

もっと見る

注目のグッズ

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る