TOP>ニュース > 盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話

  • ニュース

盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話

盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話【いぬのはてな】

盲導犬は目の不自由な人にとって、大切なパートナーともいえる存在です。

今回は、そんな盲導犬がアメリカで初めて誕生したときのドラマティックなお話をご紹介したいと思います。

アメリカに盲導犬が広まっていったのは、モリク・フランクというひとりの男性の悩みがきっかけでした。

テネシー州に住んでいたモリクは目が不自由だったため、日頃から自分の目になってくれる存在が欲しいと考えていたのです。

そんなとき耳にしたのが、スイスでジャーマン・シェパードを盲導犬に育て上げたドロシー・ユースティスの話。

そこでモリスは、実際にドロシーへ会いに行くことにしたのです。

現地ではドロシーにメスの盲導犬・バディを紹介してもらい、一緒の時間を過ごし信頼関係を育みながら、訓練を行っていきました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬のお尻トラブルを見逃さないで!お尻の異変4つのチェックポイント (4.25)

  • ニュース

可愛い笑顔に胸キュン♪『BESTスマイル100』を大発表‼︎(vol.3) (4.25)

  • ニュース

人の身勝手で捨てられた犬、出会った友達は殺処分に (4.24)

  • ニュース

ベロリンベロリ。【ペディとチャムの4コマ劇場】 (4.23)

  • ニュース

脱走して行方不明になることも。わんこの雷・花火恐怖症 (4.23)

  • ニュース

マツダCX-8で行く春のルシアン旧軽井沢 中編【わんこと行くクルマ旅】 (4.22)

  • ニュース

知っておくのは飼い主の責任!チワワがかかりやすい3つの病気 (4.22)

  • ニュース

アメリカ同時多発テロで犠牲となった爆発物探知犬 (4.21)

もっと見る

注目のグッズ

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る