TOP>ニュース > 盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話

  • ニュース

盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話

盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話【いぬのはてな】

盲導犬は目の不自由な人にとって、大切なパートナーともいえる存在です。

今回は、そんな盲導犬がアメリカで初めて誕生したときのドラマティックなお話をご紹介したいと思います。

アメリカに盲導犬が広まっていったのは、モリク・フランクというひとりの男性の悩みがきっかけでした。

テネシー州に住んでいたモリクは目が不自由だったため、日頃から自分の目になってくれる存在が欲しいと考えていたのです。

そんなとき耳にしたのが、スイスでジャーマン・シェパードを盲導犬に育て上げたドロシー・ユースティスの話。

そこでモリスは、実際にドロシーへ会いに行くことにしたのです。

現地ではドロシーにメスの盲導犬・バディを紹介してもらい、一緒の時間を過ごし信頼関係を育みながら、訓練を行っていきました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

少年の心を開いた前足のない子犬。 心あたたまるCGアニメ (12.12)

  • ニュース

保護犬のその後。捨て犬からボランティア犬となったTレックス (12.11)

  • ニュース

女性は隣に寝ているのが彼氏よりも、犬のほうが安らぐって本当…? (12.9)

  • ニュース

愛犬家必見!ペットと楽しめる“ふるさと納税”二大返礼品 (12.7)

  • ニュース

「愛犬を迷子犬にさせないで」タイのショートフィルムがあたたかい。 (12.6)

  • ニュース

犬猫を飼う高齢者は「社会的孤立」をしにくい? (12.5)

  • ニュース

しつけが難しい日本犬と信頼関係を育むには…? (12.4)

  • ニュース

グリンチがPerfumeダンスを踊る…?Perfumeも太鼓判の動画をチェック! (12.4)

[PR]
もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る