TOP>ニュース > 盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話

  • ニュース

盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話

盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話【いぬのはてな】

盲導犬は目の不自由な人にとって、大切なパートナーともいえる存在です。

今回は、そんな盲導犬がアメリカで初めて誕生したときのドラマティックなお話をご紹介したいと思います。

アメリカに盲導犬が広まっていったのは、モリク・フランクというひとりの男性の悩みがきっかけでした。

テネシー州に住んでいたモリクは目が不自由だったため、日頃から自分の目になってくれる存在が欲しいと考えていたのです。

そんなとき耳にしたのが、スイスでジャーマン・シェパードを盲導犬に育て上げたドロシー・ユースティスの話。

そこでモリスは、実際にドロシーへ会いに行くことにしたのです。

現地ではドロシーにメスの盲導犬・バディを紹介してもらい、一緒の時間を過ごし信頼関係を育みながら、訓練を行っていきました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬とのふれあい授業で子どもの表情が変わる!「こども笑顔のラインプロジェクト」 (7.17)

  • ニュース

脱力系ニャンコメディ♪『ねこ、はじめました』の第1話を特別公開! (7.16)

  • ニュース

犬と猫、運動神経がいいのはどちら…? (7.16)

  • ニュース

北米最大規模!ラスベガスで行われた「SUPERZOO」に潜入!!【見本市編】 (7.16)

  • ニュース

犬に負担をかけないサマーカットとは (7.15)

  • ニュース

老いても犬、老いたからこそ犬。孤独な高齢者と犬とを結ぶ活動 (7.15)

  • ニュース

愛犬が下痢と嘔吐に襲われたケース【わんこの症例集】 (7.14)

  • ニュース

元をたどれば犬と猫は同じ動物だった…? (7.14)

もっと見る

注目のグッズ

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る