TOP>ニュース > 盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話

  • ニュース

盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話

盲導犬がアメリカで初めて誕生したときの話【いぬのはてな】

盲導犬は目の不自由な人にとって、大切なパートナーともいえる存在です。

今回は、そんな盲導犬がアメリカで初めて誕生したときのドラマティックなお話をご紹介したいと思います。

アメリカに盲導犬が広まっていったのは、モリク・フランクというひとりの男性の悩みがきっかけでした。

テネシー州に住んでいたモリクは目が不自由だったため、日頃から自分の目になってくれる存在が欲しいと考えていたのです。

そんなとき耳にしたのが、スイスでジャーマン・シェパードを盲導犬に育て上げたドロシー・ユースティスの話。

そこでモリスは、実際にドロシーへ会いに行くことにしたのです。

現地ではドロシーにメスの盲導犬・バディを紹介してもらい、一緒の時間を過ごし信頼関係を育みながら、訓練を行っていきました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

歯磨きをさせてくれない愛犬に試したい最後の手段 (3.23)

  • ニュース

素朴な疑問。犬は何匹の子犬を産める? (3.23)

  • ニュース

DOG DEPT 2019春夏の新作登場【ドッグウェア通信】 (3.21)

  • ニュース

人面犬ブームとは何だったのか…もう一度振り返りたいあの頃の都市伝説 (3.19)

  • ニュース

犬がしつけによく反応するのは〇歳がピーク (3.18)

  • ニュース

豪華プレゼントがもらえる!映画「PET2」の写真投稿キャンペーンを開催♪ (3.18)

  • ニュース

超簡単!ワンコマッサージで愛犬との絆を深めよう (3.16)

  • ニュース

映画『ペット2』スノーボールが”スーパーヒーロー”になって帰ってきた! (3.15)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る