TOP>ニュース > 【キーパーソンインタビュー】カラーズ代表取締役・佐久間敏雅氏(1)

  • ニュース

【キーパーソンインタビュー】カラーズ代表取締役・佐久間敏雅氏(1)

_DSC0090_DSC0140
_DSC0129_DSC0143

神戸・サザンモール六甲や東京ミッドタウン、代官山T-SITE、湘南T-SITEといった話題の複合型商業施設で犬の自然食フードなどを扱う店舗『GREEN DOG(グリーンドッグ)』を運営する企業カラーズ。「人とコンパニオン・アニマルが共に幸せで楽しく暮らせる社会の創造」という経営理念のもと展開する事業は、多くのペットオーナーから支持を集め、今もなお成長し続けている。そんなカラーズの創設者である代表取締役・佐久間敏雅氏に話しを伺った。

_DSC0053

――ペット関連の会社を起業しようと思ったきっかけはなんですか?

「実は、私の実家が豆腐屋で商売人の家だったんです。なので、自分の中に商売をやりたいというのは元々あったんですよね。大学の時、バイトで小学生用の教材を訪販していたんですけど、その時お世話になった販売店の社長さんに人生のことを教えてもらって、その時、僕の中で起業しよう!って、決めたんです。それで、起業するための最短の近道はどこだって考えた時に、外資系に行こうと考えました」

「日本の企業に務めるよりも外資系に行けば自分のやる気と能力さえあれば、ある程度、任せてもらえるんではないかなと思ったんです。そういうイメージがあったので、外資系のP&Gという会社に勤めました。でもその時は、独立するっていうのは決めていたんですけど何をやるのかは決めてなくて、ただただ会社をやりたいと、それだけだったんですよね」

――ペット事業という考えはなかったんですか?

「そうなんですよね。何をやるかというのが全然見つからなくてですね。それでP&Gには最終的に8年間在籍しました。しかも、私は豆腐屋の息子ということもありまして、食べ物を扱っていたのでペットとは全く無縁の生活をしていましたし、むしろ犬は苦手だったんですよね。今は見かけることが少なくなりましたが、私がちっちゃい頃は、近所に野良犬がよくいました。野良犬に追い掛け回されたことがあるんですよね(笑)。そういう怖い経験がありまして、犬はどっちかというと嫌いだったんですよね」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい」は真実だった! (10.20)

  • ニュース

一秒でも長く生きていて欲しい【虹の橋を渡る日まで】 (10.19)

  • ニュース

大型台風を経験して考える。人とペットの災害対策ガイドライン (10.17)

  • ニュース

「やられた〜」今日も食べられています。 (10.16)

  • ニュース

その昔、犬は「ひよ」と鳴いていた。 (10.15)

  • ニュース

犬はなぜ、人が落ち込んでいるのが分かるのか… (10.12)

  • ニュース

「じりっ…」キャリーちゃん、後ろ後ろっ! (10.11)

  • ニュース

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」 (10.10)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る