TOP>ニュース > 「ペットにも花粉症がある」ということを知っているのは約半数

  • ニュース

「ペットにも花粉症がある」ということを知っているのは約半数

「ペットにも花粉症がある」ということを知っているのは約半数

犬や猫も「花粉症」があるということはご存知だろうか。

アイペット損害保険は、犬・猫(以下「ペット」)飼育者の719名を対象に、ペットの花粉症に関するアンケート調査を実施した。

2016年に行った同調査の結果と同様に、ペット飼育者の約半数がペットにも花粉症があることを知っていることが明らかに。また、犬飼育者と猫飼育者とで認知度や対策に差があることもわかった。

【調査結果】
・ペットにも花粉症があることを知っている犬飼育者は55.0%、猫飼育者は43.8%    

・花粉の飛散量が多い時期に見られるペットの症状は、犬・猫ともに「くしゃみ」が最多

・花粉の飛散量が多い日は、犬の散歩時間は減少傾向にある

・ペットのための花粉症対策で最も多い回答は犬飼育者が「家に入る前にブラッシングや体を拭くこと」、猫飼育者は「空気清浄機を使うこと」

・ 自分自身のための花粉症対策で最も多い回答は犬・猫飼育者共に「空気清浄機を使うこと」
調査結果1:ペットにも花粉症があることを知っている犬飼育者は55.0%、猫飼育者は43.8%

ペットにも花粉症があることを知っているかを聞いたところ、犬飼育者は55.0%、猫飼育者は43.8%が「知っている」と回答。

犬飼育者の方が、猫飼育者より認知度が上回る結果になった。また、全体としては50.6%となり、2016年の同調査では、48.3%だったので認知度はわずかに上がっていることがわかる。

また、飼育者自身が花粉症である場合の方が、ペットの花粉症についての認知度も高いことがわかった。犬飼育者かつ花粉症である場合は、78.8%、猫飼育者で花粉症である場合は70.7%といずれもペットの花粉症についての認知度が7割を超える割合に。

反対に、飼育者自身が花粉症ではない場合には、犬飼育者の場合が57.4%、猫飼育者の場合は45.6%となり、花粉症がある飼育者とは差が見られる結果となった。

調査結果2:花粉の飛散量が多い時期に見られるペットの症状は、犬・猫ともに「くしゃみ」が最多

花粉の飛散量が多い時期に見られるペットの症状について聞いたところ、「特になし」が最多となったが、症状のうち、最も多かったものは犬・猫共に「くしゃみをする」だった。

また、花粉症の症状は「特になし」と答えた犬飼育者は43.2%、猫飼育者は57.3%ということから、犬の方が猫よりも花粉症の症状が見られる割合が多いことがわかる。

散歩で外に出る犬の方が、原因となる花粉が皮膚についてしまう機会が多いということが理由と言えるのかもしれない。

同社が運営するワンペディア・にゃんペディアの記事によると、ペットの花粉症は、くしゃみや鼻水といった症状以外にも皮膚に症状が出やすいことも特徴。花粉症の疑いがある場合は、動物病院に連れて行って、アレルギー検査をして確かめてあげると良い。

調査結果3:花粉の飛散量が多い時期は、犬の散歩時間は減少傾向にある

続いて、犬飼育者に、花粉の飛散量が多い時期と少ない時期での散歩時間について聞いたところ、1時間以上散歩する6.2%の方を除くと、散歩時間が減少傾向にあることがわかった。

調査結果4:ペットのための花粉症対策で最も多い回答は犬飼育者が「家に入る前にブラッシングや体を拭くこと」、猫飼育者は「空気清浄機を使うこと」

ペットの花粉症について知っていると回答した人に、花粉対策としてペットのために行っていることを聞いたところ、「特になし」が多くを占めた。

花粉症対策のうち、最多となったのは犬飼育者が「家に入る前にブラッシングや体を拭くこと」が30.3%、猫飼育者は「空気清浄機を使うこと」が22.8%となった。犬と猫では、散歩の習慣有無が現れた結果と言えるのではないだろうか。

調査結果5:自分自身のための花粉症対策で最も多い回答は犬・猫飼育者共に「空気清浄機を使うこと」 

ペット飼育者の皆さまに、自分自身のための花粉症対策を聞いたところ、「特になし」が最多に。花粉症対策をしている人のうち、最多となったのは犬・猫飼育者共に「空気清浄機を使うこと」だった。

続いて多かったのは、犬・猫飼育者共に「外出時の服装を工夫する。(マスク、メガネ等)」という回答だった。

本調査の結果から、犬飼育者と猫飼育者で花粉症の認知度及び対策に差があることが明らかになった。

犬と猫では、散歩の習慣有無などが影響しているのかもしれない。また、ペットの花粉症の認知度は約半数ということから、まだ自身のペットが花粉症ということに気づいていない場合もあることがわかる。

ペットは人間と違って、自分の症状を自身で申告することはできない。傍にいる飼育者が気付いて、ペットの花粉症対策をしてあげることが理想的だ。

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット (6.21)

  • ニュース

犬の検尿。どのように採取すればいい? (6.20)

  • ニュース

知らなきゃ損! 知って得する「犬猫助成金」給付例 (6.20)

  • ニュース

犬が見せる意外な「ストレスサイン」とは… (6.19)

  • ニュース

美味さ100倍…? フォトビーで「愛犬ラベル」のビールを作ってみた! (6.19)

  • ニュース

人間に翻弄される犬や猫たち。動物愛護気運が加速する裏側で (6.18)

  • ニュース

新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由 (6.17)

  • ニュース

ザキトワを魅了した秋田犬! 懐くまでに意外と時間がかかる? (6.15)

もっと見る

注目のグッズ

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る