TOP>ニュース > 犬は仮病を装う時があるって本当…?それは「寂しい」というサインかも

  • ニュース

犬は仮病を装う時があるって本当…?それは「寂しい」というサインかも

犬は仮病を装う時があるって本当…?

犬はほとんどの場合仮病を使いませんが、飼い主さんにもっと関心を持ってもらいたい、優しくしてほしいと思ったら、仮病を使うことがあります。もちろん、本当の病気のことが多いので、調子が悪い時は獣医さんに診てもらうのが先決ですが、検査や診察をしてもらってもどこも悪くない、どの病院でも同じことを言われるという場合は、仮病について考えてみてもいいかもしれません。

本当の病気にかかった時、飼い主さんは、仕事を休んで動物病院に連れて行ったり、何度も様子を確かめたり、ご飯を手作りにしてみたり、とにかくかいがいしく犬の世話をします。

病気になった時に「自分に興味を持ってくれた」「優しくしてくれた」、これは犬にとってとても嬉しい記憶。「そうだ!淋しいから、病気になってみよう。きっとまた構ってもらえる」と考えても不思議ではありません。

そこで、足が痛いふりをしてみたり、体がかゆいふりをしてみたり、お口の中をかきむしってみたり、記憶の中にある「これをしたら優しくしてもらえた」ことを繰り返します。

もちろん、仮病が疑われる時でも、まずは信頼できる獣医さんに診察してもらいましょう。本当の病気だったら大変なことになってしまいます。特に異常がなければ、その症状がずっと続いているか、飼い主さんがいなくなると平気になるのか確認します。仮病の犬は、あなたにアピールしているので、誰も見ていなければ仮病を使う必要がないのです。

本当の病気じゃない、仮病だなと思ったら、叱らずに優しくしてあげましょう。犬は、飼い主さんをだまそうと思っているわけではないのです。仮病は、「淋しい、優しくしてほしい」というワンコのSOS。一時的に優しくするのではなく、日頃から満足できるように接してあげましょう。

文/わたなべあや

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ブルドッグの「スクリュー・テイル」と「人の奇病」との意外な関係 (1.16)

  • ニュース

崩壊した繁殖場から保護された奇跡の犬 マリア (1.15)

  • ニュース

シニア犬は後ろ脚を鍛えるべしっ! (1.14)

  • ニュース

江戸時代は犬が人に代わって「お伊勢参り」していた? (1.13)

  • ニュース

コロコロしていて可愛いは間違い。本当に怖い「ペットの肥満」 (1.12)

  • ニュース

カプセルトイ「ねこのかぶりもの」にポケモンシリーズが登場! (1.12)

  • ニュース

犬の“雪遊び”トラブルを解決する「犬用レッグガード」登場! (1.11)

  • ニュース

わんこと一緒なら心はいつでもポカポカ。読モ犬の「冬の思い出」 (1.11)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る