TOP>ニュース > 服を着せるのはアリかナシか? わんこに服を着せるメリットとは

  • ニュース

服を着せるのはアリかナシか? わんこに服を着せるメリットとは

服を着せるのはアリかナシか? わんこに服を着せるメリットとは

愛犬に服を着せている飼い主も多いことだろう。ただでさえ可愛いのに服を着ることによってさらにキュートさがアップするもんだから、やらずにはいられない。

そんな愛犬家の気持ちを汲んでか、ニューヨークの高級ファッションブランド「トム ブラウン」は2016年に超高級ドッグウェアを発売した。お値段なんと約7万円。カシミアなのでしょうがないんだな、きっと……。

さておき、そもそも犬はハダカの状態が自然なのではないだろうか。服を着せるのはアリかナシか、いまいちど考えてみたい。

・短毛犬、極小犬はとくに必要

野生の動物は服なんか着ないが、身近な動物である犬に服を着せるのはアリ。むしろ加齢の状態によっては上手に取り入れることこで、健康管理がしやすくなるというメリットがある。

例えば短毛犬やチワワなどの極小犬は年をとるごとに体温調節機能が衰え、寒さに極端に弱くなる。そのため真冬には服を着せて外気から守ってやらねばならない。

・抜け毛が多い犬のマナーとして

加齢により抜け毛が激しくなった、そんなシニア犬もいるだろう。そんなときは薄手のシャツを1枚着せるだけで、60〜70%も抜け毛が散るのを防ぐことができる。とくにドッグカフェやペットホテル、病院などに行く場合はマナーとして身につけさせたい。ただし脱がせたあとは、ブラッシングしてスッキリさせてあげよう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット (6.21)

  • ニュース

犬の検尿。どのように採取すればいい? (6.20)

  • ニュース

知らなきゃ損! 知って得する「犬猫助成金」給付例 (6.20)

  • ニュース

犬が見せる意外な「ストレスサイン」とは… (6.19)

  • ニュース

美味さ100倍…? フォトビーで「愛犬ラベル」のビールを作ってみた! (6.19)

  • ニュース

人間に翻弄される犬や猫たち。動物愛護気運が加速する裏側で (6.18)

  • ニュース

新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由 (6.17)

  • ニュース

ザキトワを魅了した秋田犬! 懐くまでに意外と時間がかかる? (6.15)

もっと見る

注目のグッズ

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る