TOP>ニュース > 子犬のうちに見過ごしてはいけない4つのポイント

  • ニュース

子犬のうちに見過ごしてはいけない4つのポイント

子犬のうちに見過ごしてはいけない4つのポイント

何事も学ぶなら若いうちに始めるにこしたことはない。それは犬も同じ。筆者は中学生のころに雑種犬を飼っていたが、家族の誰もがしつけについて真面目に考えていなかった。その結果、愛犬は超自由奔放に育ってしまい、何かと苦労させられた経験がある。

筆者のように「もうお手上げ……」なんてことにならないためにも、子犬のうちからやっておきたい「しつけ」について学んでいこう。

◎子犬のうちに見過ごしてはいけない4つのこと

1)家族以外の人間やほかの犬に対して吠える
「クゥ〜〜ン」「キャンキャン」など、飼い始めたときは子犬の可愛らしい声を聞くと「寂しいのかな?」なんてつい甘やかしてしまう。その結果、数年後には立派な声で吠えられて近所迷惑に……なんてことにならないようにしたい。

2)人やものなど、目に入るものを何でも噛んでしまう
乳歯から永久歯への生え変わり、じゃれているとき、甘噛みをすることがよくあります。小さいときは噛まれてもくすぐったいぐらいですみますが、成犬になれば力も強くなるため危険。将来やってほしくないことは子犬のうちから矯正しよう。

3)人間に飛びつく
犬にとってはただのじゃれあいでも、体が大きくなってからもやられ続けると人への負担もアップ。中型犬でもそこそこ力は強いため、ちょっと痛かったりもする。また、散歩中にたまたま飛びついたのが犬嫌いの人だったら大きな問題になりかねない。

4)散歩のときなどリードをつけると必ず引っ張る
子犬は好奇心旺盛なので気になるものに真っ先に近づきたがる。コントロールが難しくなる前に対処しておきたい。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

人間に翻弄される犬や猫たち。動物愛護気運が加速する裏側で (6.18)

  • ニュース

新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由 (6.17)

  • ニュース

ザキトワを魅了した秋田犬! 懐くまでに意外と時間がかかる? (6.15)

  • ニュース

世界一レアな犬?世界に350匹しかいない『チェスキー・テリア』 (6.13)

  • ニュース

保護犬と暮らす障害者グループホーム『わおん』が開設 (6.12)

  • ニュース

笑いと癒しで憂鬱な月曜日を乗り切ろう!わんことにゃんこの爆笑画像60選 (6.11)

  • ニュース

シャープが「IoT」を活用したペット向けヘルスケア商品を発表 (6.11)

  • ニュース

トイレシーツをビリビリに破る犬のしつけ方法とは? (6.11)

もっと見る

注目のグッズ

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る