TOP>ニュース > ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター

  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター

アメリカでは、犬や猫などはペットショップで買うというより“Adopt(アダプト)”する人が多い。もちろん、血統書付きの犬や猫が欲しい場合は、ブリーダーから買うことになりますが、日常的に社会活動を行う人が多く、ペットは買うというより保護するという概念があるのかもしれません。

シェルターの数も多い。自治体が運営しているものから、愛護団体や民間が行っているものもあり、譲渡だけでなく、迷子の犬や猫の世話やオーナー探し、定期的に低料金で動物の健康診断やワクチン接種を行う施設もあり、シェルターの環境は整っています。

直接シェルターへ行き、動物の見て選ぶこともできますが、「子猫が欲しい」「〇〇犬のミックスが欲しい」など、目的の動物がいる場合は、各シェルターが持つホームページを見てみるとよいでしょう。保護されている動物がどのような種類か、推定何歳かなど詳細の情報が毎日アップされています。ただし、子犬や子猫は人気が高いため、ホームページにアップされた翌日は、開園前から列ができることも。

施設にもよりますが、おおむね国土が広いアメリカはシェルターも広々。犬用のフィールドや、ネコ用の遊び場など動物にストレスがかからないような環境作りに努めています。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬猫探しの命綱はチラシって本当…? (6.22)

  • ニュース

犬の検尿。どのように採取すればいい? (6.20)

  • ニュース

知らなきゃ損! 知って得する「犬猫助成金」給付例 (6.20)

  • ニュース

犬が見せる意外な「ストレスサイン」とは… (6.19)

  • ニュース

美味さ100倍…? フォトビーで「愛犬ラベル」のビールを作ってみた! (6.19)

  • ニュース

人間に翻弄される犬や猫たち。動物愛護気運が加速する裏側で (6.18)

  • ニュース

新しい出会いが待つ譲渡会で、すぐにペットの里親になれない理由 (6.17)

  • ニュース

ザキトワを魅了した秋田犬! 懐くまでに意外と時間がかかる? (6.15)

もっと見る

注目のグッズ

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る