TOP>ニュース > ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター

  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター

アメリカでは、犬や猫などはペットショップで買うというより“Adopt(アダプト)”する人が多い。もちろん、血統書付きの犬や猫が欲しい場合は、ブリーダーから買うことになりますが、日常的に社会活動を行う人が多く、ペットは買うというより保護するという概念があるのかもしれません。

シェルターの数も多い。自治体が運営しているものから、愛護団体や民間が行っているものもあり、譲渡だけでなく、迷子の犬や猫の世話やオーナー探し、定期的に低料金で動物の健康診断やワクチン接種を行う施設もあり、シェルターの環境は整っています。

直接シェルターへ行き、動物の見て選ぶこともできますが、「子猫が欲しい」「〇〇犬のミックスが欲しい」など、目的の動物がいる場合は、各シェルターが持つホームページを見てみるとよいでしょう。保護されている動物がどのような種類か、推定何歳かなど詳細の情報が毎日アップされています。ただし、子犬や子猫は人気が高いため、ホームページにアップされた翌日は、開園前から列ができることも。

施設にもよりますが、おおむね国土が広いアメリカはシェルターも広々。犬用のフィールドや、ネコ用の遊び場など動物にストレスがかからないような環境作りに努めています。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

飼い主と愛犬はそっくり?イギリスの写真家がカードゲームをリリース! (9.21)

  • ニュース

パニック、震え、睡眠不足…災害時に見せるペットの不安行動とは? (9.20)

  • ニュース

獣医師監修「愛犬の防災グッズ」ボックスは愛犬も大喜び! (9.17)

  • ニュース

名犬リンチンチン、実は名犬ナネットだった?【びっくり名犬シリーズ】 (9.16)

  • ニュース

犬との信頼関係が台無しになる「間違った叱り方」とは? (9.15)

  • ニュース

高齢犬のサポートに役立つ「犬用車椅子」が登場! (9.15)

  • ニュース

リアルパディントン?大きすぎと捨てられた犬は今ではスターに! (9.14)

  • ニュース

愛犬と真夏の思い出づくり。2018横浜ドッグウイークの「Marine Dog Party」... (9.13)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る