TOP>ニュース > 「犬の一生」年齢によってどんな変化が起こる?

  • ニュース

「犬の一生」年齢によってどんな変化が起こる?

生後5カ月~:犬の成長期、恐怖心も芽生える
新しいモノが最初は怖いのは犬も同じ。この時期に恐怖を感じると記憶として残ってしまう可能性があるので無理をさせず、ゆっくり慣れさせてあげよう。

生後6カ月~:着々とオトナになっている時期
生殖能力も備わり、オスはマーキング行動や足をあげてオシッコをするようになるなど成犬に近づいてくる思春期に突入。この頃から徐々に成犬用フードに移行してみよう。

「マテ」「オスワリ」などを教えるには最適。また、成犬になっても人を噛むクセがついていたら大変なので子犬のうちにしっかりしつけておこう。

1歳~:心も体もオトナ並みに
生後10カ月~1歳くらいになるとほぼ成犬並みの体型になり、食事の量も安定してくる。食べ過ぎはおデブのもとになるので、物欲しそうな顔をしているからといって甘やかしておやつをあげないようにしよう。ちょっとご飯食べさせすぎた? と思ったら、体力的にも充実している時期なのでスポーツなどのアクティブな動きをさせてあげてもOK。たくさん遊べば絆も深まる。また、精神も成熟してくる頃。1歳くらいまでに備わった性格はそれ以降はあまり変わらない。

さらに健康維持のためには、「年1回の健康診断」「狂犬病などのワクチン接種」「フィラリア予防」を忘れずに!

7歳~:老化が始まる頃
人間に換算すると40代半ば。個体差もあるが、そろそろ老化のサインが出てくる。消化機能が次第に衰えてくるので徐々に老犬用フードに移行しよう。散歩は今までどおり行い、体をあまり動かさずに頭を使う遊びをさせるのも良い。

日頃の健康チェックを念入りにして体の衰えを把握しておこう。健康診断は年2回行うのがベター。睡眠時間が長くなるのでベットまわりは常に清潔に。

13歳~:ゆったりと老後を送らせる
人間だと還暦を超える歳。毎日ゆったり静かに暮らせるようにしてあえげよう。

長い年月をともにする家族の一員だからこそどういう変遷をたどるかを知り、快適に過ごせるようにしよう。

※犬種により期間は多少異なる

文/瀬戸まほ

参考:『ペットの飼い方入門』(小学館)

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

わんちゃんねこちゃん太鼓判!夏場にあると大助かりな「ひんやりグッズ」 (5.23)

  • ニュース

足の関節上部までカバー!犬用靴下『Skitter PLUS』が登場 (5.23)

  • ニュース

今話題の「ドッグ・ヨガ」って知ってる? (5.23)

  • ニュース

あなたは知ってる?世界のユニークな珍しい犬種 (5.22)

  • ニュース

犬の運動不足を解消する「ドッグ・フィットネス」とは? (5.22)

  • ニュース

犬のウ◯チを調べてみると…人とお腹の中が似ているという結果に! (5.21)

  • ニュース

最高の思い出を愛犬と一緒に。板室温泉で「ドッグトレイルランニング」を開催! (5.21)

  • ニュース

ペットフード業界で注目されそうな3つの成分とは? (5.21)

もっと見る

注目のグッズ

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る