TOP>ニュース > 「犬の一生」年齢によってどんな変化が起こる?

  • ニュース

「犬の一生」年齢によってどんな変化が起こる?

「犬の一生」年齢によってどんな変化が起こる?

単語しか喋れなかった姪っ子が、1年後に会った時にはベラベラ文章で喋るようになり、なんなら「プリキュアが欲しい」と上目遣いでおねだりするまでになっていた今日この頃。子どもの成長速度には本当に驚かされるばかりであり、それと比較して自身は年々覚えが悪くなるうえに融通もきかなくなっているので、なんとも悲しい……。

さて、そんな子どもよりもっと早いスピードで成長するものがいる。犬だ。一般的に犬の1年は人間の4年にあたるといわれており、早く年をとるからこそその時々にあった適切な対応をすることが飼い主の義務でもある。そこで今回は、犬が年齢によってどのように変化していくのかその一生を見てみよう。

生後1カ月~:好奇心旺盛
乳歯も生え始め、活発に動き回るようになる。また、兄弟とじゃれあうなどコミュニケーション能力も芽生えてくる頃。

生後2カ月~:知覚や運動神経が発達
一般的に家庭に迎え入れられる犬はこのくらいが多い。知覚や運動神経がどんどん発達してくる。

生後3カ月~:ワクチン接種が終わったらお出かけもOK
生後3カ月くらいまでは犬にとって最大の成長期。ワクチン接種はもちろん、去勢・避妊手術も早めにしたほうが犬の負担が少なくて済む。畜犬登録も忘れずに行おう。

また順応性の高い時期なので、社会性を身につけさせるにはピッタリ。散歩もできるようになって活動範囲が広がるので、たくさんの経験をさせてあげよう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

日本人と犬の歴史はいつから始まったの?【いぬのはてな】 (2.20)

  • ニュース

『第4回ワン!にゃん!かるた』最優秀賞を発表‼︎ (2.20)

  • ニュース

「あなたは犬派?猫派?」犬派が6割という結果に! (2.20)

  • ニュース

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

  • ニュース

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • ニュース

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • ニュース

犬と一緒に暮らす上で覚えておきたいこと (2.16)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る