TOP>ニュース > 我が家に来た保護犬のプー子。【保護犬との出会い(3)】

  • ニュース

我が家に来た保護犬のプー子。【保護犬との出会い(3)】

(前回からの続き)

保護施設での出会いからわずか数日後、プー子は車に乗せられてやって来ました。この日から1週間が、トライアル期間です。お試しでお世話してみて、相性や可否を決めるのです。とはいえ、私たちの腹はすでに決まっていました。

あ、「プー子」というのがウチのやつの名前です。飼うと決める以前から温めていた名前でした。その頃のニュースで、世界一の長寿犬の名前「プー助」にグッと来ていた私たちは、その長寿にあやかろうと思っていたのです。そして割とおとなしめと思われる、メスを飼おうと決めていました。それで、子を付けて、プー子。

スタッフさんと共に玄関から入って来たプー子は、新しい家の査定をするように、私たちのことは御構い無しにそこらじゅうをかぎまわり、やがてカーペットの上に腰を下ろしました。ここんちはオッケー!ということのようです。

そんなプー子を見ながら人間たちは、避妊手術、ワクチンなど必要事項の打ち合わせや雑談をし、そしてとうとうスタッフさんが施設へと戻っていきます。最初、プー子がスタッフさんを慕ってむずがるかと思ったのですが、意外と素直に見送っていました。わかるんでしょうか、幼いながらに自分の置かれた状況が。まぁ、さっきあげたオヤツで同盟を結んだからかもしれませんが。

スタッフさんは無論犬が好きでお世話をしている方ばかり。プー子だって、預かってから少しの間ではあるけれど、情を注いでお世話して来たことでしょう。こういう別れは無数に経験しているんでしょうが、やはり別れは切ないものかもしれません。後は私たちが、プー子を幸せにします!という気持ちで見送ります。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

  • ニュース

小さな腕でギュッと抱き合って眠る『ゆずここ 小さな小さなうでまくら』 (10.15)

  • ニュース

ペット100匹を死体遺棄…? 悪徳ペット葬儀業者の被害者にならないために。 (10.14)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る