TOP>ニュース > 犬にとっての“色”の世界、犬の色覚は人の色盲と似ている?

  • ニュース

犬にとっての“色”の世界、犬の色覚は人の色盲と似ている?

犬にとっての“色”の世界、犬の色覚は人の色盲と似ている?

人と比較して動物たちがもつ能力の素晴らしさは事あるごとに話題に上るが、皆さんも一度や二度は、犬の嗅覚はどのくらい?聴覚は?視力は?走る速さは?と考えたことがあるのではないだろうか。

犬の場合、もっとも優れた能力の一つは嗅覚であるというのは周知のとおりで、その昔は夜行性の暮らしをしていたせいか、犬の嗅覚や聴覚は格段に発達しているものの、視覚に関してはそれほどには発達していない。

ただし、動体視力は人の4倍程度と言われるほど優れており、動くものに対しては敏感に反応できる上に、視野は人よりも広い。文献によって多少数値にずれはあるが、概ね人では約180度なのに対し、犬では約220度(パグやペキニーズのような犬)~290度(アフガンハウンドやボルゾイのような犬)の視野があると言われている(*1)。

また、暗い場所でもわずかな光で明暗を判別する桿状体という視細胞を人より多くもっているため(7~8倍程度)、犬は夜でも十分に活動することが可能である。その反面、昼間における明暗差を判別する能力は、人と比べて約2倍低いとか(*2)。

このように、動体視力や視野、暗い場所での視力に関しては、犬は人より絶対的に優位であるが、色を判断する色覚に関してはやや不利となる。犬の場合、明るい場所で色を判別する錐状体という視細胞の数は少なく、加えて、人では赤・緑・青の3種類の錐状体をもっているのに対し、犬は赤がほとんどなく、2種類であるという。つまり、2色性の色覚ということだ。ゆえに、犬は私たちのようにフルカラーで世界を見ているのではなく、ブルートーンのような世界でものを見ているのではないかと考えられている。

色がわからないというのではなく、色の選択肢が私たちより乏しいと言ったらいいのだろうか。実際、犬は物を選別する時、明るさよりも色の情報のほうが有益なようだという実験結果もあり(*3)、犬なりの色があるということなのではないかと思う。

その犬の色覚に関して、新しい実験結果が昨年発表されている。

イタリアのバーリ大学の研究チームは、オーストラリアン・シェパードやワイマラナー、ブリタニー・スパニエル(エパニョール・ブルトン)、ラブラドール・レトリーバー、ミックス犬など16頭の犬を使い、人における色覚テストを犬用にアレンジして、犬の色覚の評価テストを行った。

下の図の左側にある「26」という数字は人用のもので、色覚がノーマルな人は「26」と読めるが、赤緑色盲であると「6」がよくわからず、「2」と読むそうだ。これと同じ原理を用いて、犬用テストでは数字の代わりに猫のイラストを使い、それをアニメーションにして犬に見せるという方法をとった。上段の猫が「2」にあたり、中段の猫が「6」にあたる。


出典:Are dogs red-green colour blind? / Marcello Siniscalchi et al. / ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE, Published 8 November 2017. DOI: 10.1098/rsos.170869

結果的には、ほとんどの犬が上段の猫には反応するが、中段の猫には反応しづらく、人の赤緑色盲と類似した行動反応を示したという(*4, 5)。

ということは、犬たちが見ている世界は、赤緑色盲をもつ人が見る世界と似ているかもしれないということなのだろうか?

それははっきりとはわからないが、参考までに、人の色覚特性による見え方の違いをシミュレーションできるソフトで、下にあるような画像を作ってみた。


様々な視覚特性をもつ人の見え方を体験できる視覚シミュレーションツール「色のシミュレータ」を使用して作成

「1」は色覚がノーマルの場合で、「2」は1型2色覚/赤色盲の場合、「3」は2型2色覚/緑色盲の見え方で、「4」は3型2色覚/青色盲の場合となっている。いずれもシミュレーション強度を100%とした時の見え方である。

犬には「2」や「3」に近いような感じで物が見えているのだろうか? だとすれば、物の光度や色合いによって違いはあるだろうが、赤系と緑系の物が混じり合っている、赤系の濃淡などは見分けづらいということなのかもしれない。

緑の芝生の上で赤いボールを投げたらすぐに見つけられるか? 緑の中で飼い主が赤い服を着ていたらすぐに見分けがつくのか? う~ん…実験してみたくなる。

参考資料:(*1)Canine Vision: How Your Dog Sees the World / Vetinfo(*2)Brightness discrimination in the dogs / Gabriele Pretterer et al. / Journal of Vision April 2004, Vol.4, 10. DOI:10.1167/4.3.10(*3)Colour cues proved to be more informative for dogs than brightness / Anna A. Kasparson et al. / ROYAL SOCIETY PUBLISHING, Published 17 July 2013. DOI: 10.1098/rspb.2013.1356(*4)Are dogs red-green colour blind? / Marcello Siniscalchi et al. / ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE, Published 8 November 2017. DOI: 10.1098/rsos.170869(*5)Dogs are red-green colour blind, research indicates / The Telegraph, Science

文/犬塚 凛

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬がうんちを食べてしまう理由って…? (8.22)

  • ニュース

ペットライフをさらに充実させるスマホ『AQUOS R2』 (8.21)

  • ニュース

助産師じゃなくて助産犬?飼い主の出産に立ち会う姿が話題に! (8.21)

  • ニュース

犬と暮らすためにペット可マンションを買ったAさんの悲劇 (8.20)

  • ニュース

通院が困難な高齢ペットに朗報! 往診専門獣医療サービス「わんにゃん保健室」がスタート! (8.19)

  • ニュース

飼い主が交通事故に!犬の散歩費用って賠償してもらえるの? (8.18)

  • ニュース

飼い主必見!ペットの投薬を簡単に済ませる3大裏技 (8.18)

  • ニュース

このドヤ顔、可愛くない?(笑)写真集『柴犬りゅうじ』 (8.17)

もっと見る

注目のグッズ

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

にゃんこになれるアイマスク「めめホットキャット」が登場‼︎

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る