TOP>ニュース > 【犬と猫の同居生活】「ハウス」を作ることの意味

  • ニュース

【犬と猫の同居生活】「ハウス」を作ることの意味

犬と猫の同居生活!「ハウス」を作ることの意味

「犬と猫の同居生活」というと、大丈夫なの?と心配されるでしょうか。我が家の犬猫は意外とマイペースに暮らしています。いつも一緒にくっついて眠るくらい仲が良いなら最高ですが、生後2~3カ月から一緒に暮らさないとなかなかそうもいかないよう。

それでも、お互いがストレスのない関係でいられれば、犬と猫の同居生活は可能です。そのためには、それぞれが自分の「ハウス」となる場所を持っていることも大切なポイントのようです。

犬と猫は、一緒のベッドで眠るもの?

我が家には、ハチワレ猫の睦月と、ボーダーコリーの小雪がいます。睦月が1歳になる頃、生後3カ月の小雪が我が家に来ました。当初は同じくらいの大きさでしたが、今では4kgと16kg。その体重差は4倍にもなります。

こちらは貴重なカット。こんなふうに寄り添って眠ることはほとんどありません。

犬と猫が同居できるということは、それだけ仲が良いと思うかもしれませんが、いつでもべったりラブラブな犬猫というのは貴重な存在です。実際はどの子もそうなれるわけではありませんから、それぞれがストレスのないように配慮してあげる必要があります。

猫が落ち着ける場所は?

我が家の場合は、もともと保護されて迎えた睦月のほうが繊細な性格です。一般的にも、猫より犬の方が人の暮らしに慣れやすいと言われています。たとえば引っ越しをした後、新しい新居に慣れるまでも、猫は時間がかかります。

睦月は引っ越ししたあと、棚の奥やら洗濯機の裏やら、いろいろと落ち着ける場所を探した挙句、最終的には臨時で出していたケージの中のトイレに隠れてしまうという一幕もありました……。とにかく、四方が囲まれて身が隠せることが落ち着ける条件のようです。

現在、睦月が使っているトイレは中に入れるタイプ。砂が飛び散らないのが気に入って購入したのですが、誰にも見られずに用が足せるので、睦月にとっても安心できる場所になっています。特に、犬と猫の同居生活を考えている方にはおすすめです。

睦月が普段ベッドにしているのは、冷蔵庫の上に置いた簡易ケージ。いざというときの防災用にと考えて、さりげなく置いておいたら気に入ってくれました。小雪にも届きませんし、誰かお客さんが来たときに隠れるのにももってこい。暖房の温かい風も入ってきて、ちょうどよい場所のようです。まさに猫ハウスとして使いこなしています(笑)。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

『第4回ワン!にゃん!かるた』最優秀賞を発表‼︎ (2.20)

  • ニュース

「あなたは犬派?猫派?」犬派が6割という結果に! (2.20)

  • ニュース

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

  • ニュース

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • ニュース

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • ニュース

犬と一緒に暮らす上で覚えておきたいこと (2.16)

  • ニュース

仕事が忙しい飼い主に手放された2頭の犬【保護犬と暮らす】 (2.15)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る