TOP>ニュース > 妊娠中および幼少期の犬飼育と、子どものアレルギーとの関係

  • ニュース

妊娠中および幼少期の犬飼育と、子どものアレルギーとの関係

妊娠中および幼少期の犬飼育と、子どものアレルギーとの関係

皆さんはアレルギーをおもちだろうか?

厚生労働省の資料によると、何らかのアレルギー疾患をもっている人の割合は、2005年にはおよそ3人に1人だったのが、2011年には2人に1人となり、急激に増えているという(リウマチ・アレルギー対策委員会報告書)。

このうち喘息だけを見てみると、2008年での有症率が幼稚園児で19.9%、6~7歳の子どもで13.8%、13~14歳では8.3%であり、アトピー性皮膚炎の場合は生後4ヶ月~6歳で約12%、20歳~30歳では約9%だったそうだ(アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2008)。全体的に、アレルギー疾患は若い層に多いという結果になっている。

また、人口あたりのアレルギー疾患をもつ患者数がもっとも多い都道府県(2014年)は福井県で、次いで岩手県、愛知県、三重県、兵庫県、広島県。少ないのは富山県、和歌山県だとなっている。これを子どもだけ見ると、患者数が多いのは埼玉県、長野県、愛知県、福井県、広島県で、少な目なのは群馬県、東京都、富山県、石川県、岐阜県、京都府、大阪府、奈良県、愛媛県、大分県など(*1)。

現代病とも言えるアレルギーは犬でもよく見られるようになっているが、なかなかやっかいな病気である。犬自身のアレルギーも気になるのはもちろん、犬と一緒に暮らす際には飼い主サイドにアレルギーがあるかどうかが問題となることもあり、こと犬は飼いたいが、お子さんにアレルギーがある、またはアレルギーが出るんじゃないかと心配される場合には気になることだろう。

実際、犬と子どもとのアレルギーの関係は度々話題に上ることがあり、昨年末にもある調査結果を目にした。

アメリカのデトロイトにあるヘンリー・フォード病院の調査によると、妊娠中に犬と暮らしていた母親から産まれた子は、そうでない子と比べて、湿疹やアトピー性皮膚炎になるリスクが低いというのである。ただし、これは幼少の頃であって、大きくなるまで持続するかどうかは不明だそうだ。

調査チームは母と子782組を、妊娠中に少なくとも1日に1時間は1頭以上の犬と室内で過ごしたかどうかも含めて分析。2歳くらいではリスクは半減するものの、10歳までにはその効果も減少する傾向にあるとか。これらの結果は、母親に湿疹があるかどうか、人種、第1子についてなどの要素も加えて分析されたが、その影響はほとんどなかったという。

なぜ犬がいるとそのような効果があるのか? 研究者は、犬は発育途上にある幼児のマイクロバイオームを変化させる可能性をもっているのではないか?という仮説を立てているようだが、腸内菌共生バランス失調が湿疹のプロセスに関与しているため、腸内マイクロバイオームの研究に注目しているらしい(*2, 3, 4)。

そう言えば、以前、農場で育った子どもはアレルギーになるリスクが低いという研究報告もあった(*5)。

アレルギーになりにくい子どもを育てるために犬を飼うというのはどうかと思うが、これから子どもを産みたいと思っている人にとっては、少しばかり気になる報告かも?

参考資料:(*1)アレルギー疾患の現状等(資料2)/厚生労働省健康局がん・疾病対策課(平成28年2月3日)(*2)Effect of Prenatal Dog Exposure on Eczema Development in Early and Late Childhood (2017) / Gagandeep Cheema, Allergy & Immunology Fellow / American College of Allergy, Asthma & Immunology(*3)Dogs: Mom’s Best Friend for Reducing Eczema in Toddlers? – Kids had lower risk when mothers kept dogs while pregnant / MEDPAGE TODA

(*4)Can Man’s Best Friend Chase Away Eczema, Asthma? / Health Day(*5)The effects of growing up on a farm on adult lung function and allergic phenotypes: an international population-based study / B. Campbell et al. / BMJ Journals, Volume 72, Issue 3, ttp://dx.doi.org/10.1136/thoraxjnl-2015-208154

文/犬塚 凛

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットだけでなく、すべての命を大切にするということ (11.20)

  • ニュース

1年以上も岩場にひとりぼっちの犬。韓国版忠犬ハチ公 (11.20)

  • ニュース

「犬カフェ」と「ドッグカフェ」の違いって? (11.19)

  • ニュース

大泉洋さんとベイビーグリンチがミニオンの『イエロー・クリスマス』に悪だくみ! (11.19)

[PR]
  • ニュース

中には死亡することも…消えゆく“ドッグレース” (11.18)

  • ニュース

捨て犬の為に全力を尽くす。犬を救う旅を続けるメキシコの男性 (11.18)

  • ニュース

犬にも発症する難病「筋ジストロフィー」の遺伝子治療が成功 (11.17)

  • ニュース

幸せを手に入れた元・保護犬たち。家族との写真に心が温まる。 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る