TOP>ニュース > 【犬と猫の同居生活】いつから一緒に暮らすべき?

  • ニュース

【犬と猫の同居生活】いつから一緒に暮らすべき?

犬と猫の同居生活!いつから一緒に暮らすべき?

よく「あなたは犬派? 猫派?」なんて聞かれますが、我が家は「犬猫派」! 犬にも猫にもそれぞれの良さがありますが、犬と猫の同居生活ではまた新たな愛らしい一面が見えることもあります。猫ブーム真っただ中の戌年。今年は、犬猫コンビにキュンキュンする年になるかも……!?

我が家では、5歳になったばかりのボーダーコリー・小雪と、あと数カ月で6歳になるハチワレ猫・睦月が一緒に暮らしています。この2匹独特の距離感は、どうやら「出会ったタイミング」に関係しているようです。

できるだけストレスなく同居を始めるなら?

同じ白黒で兄妹のようですが、体重は約4kgと16kgなので、今やその差は4倍。でも、最初に2匹が顔を合わせたときは、ほとんど同じくらいの大きさでした。生後3カ月ほどで我が家に来た睦月は、最初は一人っ子のように私たち人間と暮らし、1歳になる少し前で生後2カ月の小雪と同居を始めたのです。

でももし、睦月をもう少し早く迎えていたら、小雪がもう少し早く生まれていたら、2匹はもっと仲良しだったかもしれません。というのも、猫は人間との暮らしに慣れる「社会化期」が、犬より短いと言われているからです。

犬は生後7週頃まで兄弟と一緒に過ごすと、他の犬と仲良くすることが学べるそうです。その後、11週頃までが人などに慣れる社会化期だと言われています。つまり、生後8週で兄弟と別れて睦月と暮らし始めた小雪は、ちょうど社会化期。猫も仲良くする対象として学べたわけですね。

確かに散歩をしていても、道端に猫ちゃんがいるとしっぽを振って近づいていきます。最近恋してる睦月に似た白黒猫ちゃんには、「それ以上近寄るニャよ!」とにらまれてしまいますが……(笑)。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

第2回「川島なお美動物愛護賞授与式」 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

  • ニュース

小さな腕でギュッと抱き合って眠る『ゆずここ 小さな小さなうでまくら』 (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る