TOP>ニュース > 犬と人とを繋ぐ“リード”、そこから伝わるもの

  • ニュース

犬と人とを繋ぐ“リード”、そこから伝わるもの

犬と人とを繋ぐ“リード”、そこから伝わるもの

皆さんは愛犬のリードを何本くらいお持ちだろうか? お洒落なリード、機能重視のリード…いろいろある中で、愛犬に合わせてこだわりのあるリードを選んでいる人も多いのでは?

お正月明け、愛犬のリードを整理していたところ、過ぎ去った日々の懐かしい想い出の数々が蘇ってきた。約16年の生涯で6本のリードと2つのハーネス。年齢や元気度、健康状態、時には行く場所を考慮し、その時々に使う種類やタイプも変化してきた。言ってみれば、一つのツールであるリードやハーネスの中にも、愛犬の足跡、歴史がある。

人と犬とを繋ぐリード。そもそも、犬をリードに繋ぐということはどういうことなのだろう? そこにはどんな意味があるのだろうか?と考えてみた。

そう言えば、昨年のこと、リードにまつわる研究報告があったことを思い出す。

これまで、人間が犬をロープや紐のようなもので繋いでいる様子を表しているものとしては、およそ5500年前のエジプトの壁画がもっとも古いとされていたそうだが、それよりさらに古いと思われるものが見つかったというのである。

場所はサウジアラビアの北西部。多くの岩絵(ロックアート)が遺されていることで知られるハーイル地方の Shuwaymis(シュワイミス)およびJubbah(ジュッバ)において、ドイツの考古学研究チームが1400以上の岩絵(7000近くの動物や人間の絵を含む、うち猟犬の絵はシュワイミスで156、ジュッバで193)を分類したところ、その中にリードに繋がれているらしい犬の姿があったそうだ(*1, 2)。

どんな絵かは、下の動画で見ることができる。

<World’s first images of dogs – and they’re wearing leashes / Science Magazineより>

弓を射ようとしているハンターの周りには13頭の犬がおり、そのうち2頭の犬の首からハンターの腰にかけてリードのように見えるラインが引かれているのがわかる。それぞれの犬には毛色の斑模様と思えるマーキングが施されていて、耳は立ち、吻の長さは中庸で、尾はカールしている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

  • ニュース

小さな腕でギュッと抱き合って眠る『ゆずここ 小さな小さなうでまくら』 (10.15)

  • ニュース

ペット100匹を死体遺棄…? 悪徳ペット葬儀業者の被害者にならないために。 (10.14)

  • ニュース

犬の「くぅーん」に隠された意味って? (10.13)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る