TOP>ニュース > 年末年始は特に注意!気を付けたい犬の誤飲事故

  • ニュース

年末年始は特に注意!気を付けたい犬の誤飲事故

年末年始は特に注意!気を付けたい犬の誤飲事故

この時期になると人間社会は大忙し。とはいえ、忙しい中でも楽しい行事がたくさんあるのがこの季節だ。訪問客も増え、ご馳走をいただく機会も増えてくる。

いつもとは違う雰囲気に、愛犬もワクワクドキドキしているかもしれない。しかし年末年始は、犬にとって普段以上に注意が必要な季節なのだ。人間にとって慌ただしい年末年始。それは犬の誤飲が急増する時期なのだ。飼い主こそが気を付けなければならない犬の誤飲。今回はその主な例に関して述べてみたい。

1.大掃除に注意。

年末といえば大掃除。普段よりも念入りに一年の汚れを掃除する家庭も多いはず。タンスなどの大きな家具を動かしての掃除は大変で、周りに目が行かなくなってしまうこともある。ソファを動かしてみると、後ろに物が落ちていて、それをワンコが呑み込んでしまったり、古いフードや子どもが落としたおもちゃなどが出てきて食べてしまったりということもある。

また、家具を移動させているとワンコが入り込んできて…と思わぬ怪我をすることも考えられる。大掃除をするときには、ワンコにはケージに入ってもらう等、しっかりと安全を確保した上で行うようにしたい。

2.プレゼントや楽しい食卓にも要注意

1.でも述べたように、掃除のときにでてきたものをワンコが誤って食べてしまうこともある。しかしそれだけではない。年末年始は、ごちそうやプレゼントを用いたイベントが盛りだくさん。来客が増えるこの時期は、より注意が必要だ。

大手動物保険会社の調べによると、12月に増えるのはプレゼント等の誤飲だそう。かわいらしく包装されたプレゼントによくあるリボン。そのリボンを誤って飲み込む事故が増えるそうだ。人間からしてみれば、「こんなものは食べないだろう。」と思うようなものでも、犬は遊びながら食べてしまうことがある。食道に詰まったり、飲み込んだものが腸等に巻き付いて命にかかわったりすることもあるので、プレゼントを開けるときには注意が必要だ。

また、ペットに慣れていない来客等も考えられる。知らないがために、人間用の食べ物を与えたり、犬には良くないとされる食べ物をあげてしまったりということもよくあるようだ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットだけでなく、すべての命を大切にするということ (11.20)

  • ニュース

1年以上も岩場にひとりぼっちの犬。韓国版忠犬ハチ公 (11.20)

  • ニュース

「犬カフェ」と「ドッグカフェ」の違いって? (11.19)

  • ニュース

大泉洋さんとベイビーグリンチがミニオンの『イエロー・クリスマス』に悪だくみ! (11.19)

[PR]
  • ニュース

中には死亡することも…消えゆく“ドッグレース” (11.18)

  • ニュース

捨て犬の為に全力を尽くす。犬を救う旅を続けるメキシコの男性 (11.18)

  • ニュース

犬にも発症する難病「筋ジストロフィー」の遺伝子治療が成功 (11.17)

  • ニュース

幸せを手に入れた元・保護犬たち。家族との写真に心が温まる。 (11.17)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る