TOP>ニュース > 犬ゲノムを調べてわかった驚くべき犬種の親戚関係

  • ニュース

犬ゲノムを調べてわかった驚くべき犬種の親戚関係

犬ゲノムから見る犬種の親戚関係

犬の魅力の1つは、小型の愛玩犬からオオカミと渡り合ってきた大型の犬まで、その種類が豊富であるということだろう。犬種の数は350とも800とも言われ、中にはすでに姿が見られなくなったものも含め、1,000種以上の犬種を記載した犬事典もある。

1つの動物でありながら、それだけの種類を誇るのは、ひとえに人間が関わってきたからにほかならない。人間と付かず離れずの生活をしてきた犬たちは、人間が世界各地に移動するのに伴い、一緒に移動(または連れて行かれた)もしたはずで、そこで現地の犬と交雑することもあったろう。

それと同時に、犬は優秀な能力をもつがゆえに、牧羊犬として、猟犬として、そして荷車を牽く犬、橇を牽く犬、護衛犬など、それぞれ人間にとって都合のいい部分をより強化して繁殖もされてきた。

その途中で、いろいろな犬種の血が混じることもあるわけで、親戚関係にある犬種同士も多い。記録が残っていたり、見た目や特性、かつての仕事内容が似かよっていたりすれば親戚かも?とわかることがあるが、そうでない場合もこれまた多い。

アメリカの国立ヒトゲノム研究所の研究チームは、161犬種1,346頭の犬からDNAサンプルを集め、ゲノムデータを調べた上でグループ分けを行い、その結果がインターネットのCell Reportsにて発表されている(*1)。

学問的には1つの起源(祖先)から進化派生した(子孫)集団をクレードという言葉で表すそうだが、この研究において、犬のクレードは、大きくは23に分けられている。

興味深いことの1つは、シェットランド・シープドッグやコリー、ボーダー・コリー、コーギーといったハーダー系の犬と、グレイハウンドやウィペット、アイリッシュ・ウルフハウンドなどの犬が同じクレードに入っているという点。一方で、元々はハーダー系の犬であるジャーマン・シェパード・ドッグは前出の他のハーダー系の犬とは切り離され、別のクレードに入っている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の「やだ!行きたくない」、どうすればいい? (10.23)

  • ニュース

わんわんカーニバル2018で出会った人気犬たち (10.23)

  • ニュース

「それって、何?」犬は新しい言葉に対して脳が活性化するらしい (10.22)

  • ニュース

ビーグルの知られざる「悲しい現実」とは…? (10.22)

  • ニュース

虐待を受けたワンコが出会った小さな親友。 (10.21)

  • ニュース

人と犬の共生新時代、大活躍のベアードッグとモンキードッグ【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.21)

  • ニュース

今更だけど。なぜ、猫はルンバに乗るの…? (10.21)

  • ニュース

楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品 (10.19)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る