TOP>ニュース > 「今できること」を知るために…ペットロスについて考える

  • ニュース

「今できること」を知るために…ペットロスについて考える

ペットを飼っている人であれば、必ず考えておかなければならない最期の別れ。ペットを飼うことを決断したその日から、その「最期の別れ」を意識しておくことは非常に大切である。もちろん、いつまでも一緒に過ごせることが理想だが、必ず堪え難い別れを迎えるということを覚悟しておかなければならない。

いつか来るそのときを考えておけば、その時のために「今できること」を知ることができる。それは、今いる、またはこれから迎えようとするペットの為だけではなく、私たち飼い主自身のためでもあるのではないだろうか。

私自身、子どもの頃に最初の愛犬との別れを経験した。その時は死というものを受け入れられなかったが、それでも子どもの頃は回復も早かったように思う。大人になった今感じるのは、年をとるにつれ、愛犬たちとの別れを経験したり考えたりすると、子どもの頃よりも辛く、なかなか心の整理ができない自分がいることだ。

これはなぜだろう。年を取っただけと片づけられてしまうかもしれないが、子どもの頃よりは、ペットたちへの接する愛情、かかわる時間、そして飼い主としての責任を強く感じているからなのかもしれない。

そんなペットとの辛い別れ「ペットロス」。今では多くの人が耳にしたことのある言葉だが、そもそも具体的にはどういったことなのだろうか?

《ペットロスとは?》

004

文字通り「ペットを失う」ということ。その多くは命あるものに必ず訪れる死別について指すことが多いが、ペットの盗難、行方不明なども含まれる。犬や猫は人間よりも寿命が短い動物。それを頭ではわかっていても、その時を迎えてしまうと喪失感や虚無感を感じるのはごく自然なこと。

共に暮らしたペットとの絆が深いほど、その精神的辛さは大きくなり、人によってはいつまでもその悲しさ、寂しさから抜け出せず、鬱のような精神状態になる場合もある。

このようなことを総称して「ペットロス」という。また、「ペットロス症候群」といわれる場合もある。特にペットに対する依存度が高いほど「ペットロス」になりやすいと言われており、完全に立ち直るまでに1年以上かかるケースもあるという。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

  • ニュース

小さな腕でギュッと抱き合って眠る『ゆずここ 小さな小さなうでまくら』 (10.15)

  • ニュース

ペット100匹を死体遺棄…? 悪徳ペット葬儀業者の被害者にならないために。 (10.14)

  • ニュース

犬の「くぅーん」に隠された意味って? (10.13)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る