TOP>ニュース > 寒冷期に戸外で犬を飼ったら不法に。1頭の犬が影響を与えた“Libre”法

  • ニュース

寒冷期に戸外で犬を飼ったら不法に。1頭の犬が影響を与えた“Libre”法

寒冷期(または猛暑期)に戸外で犬を繋いで飼ったら不法に
1頭の犬が影響を与えた“Libre”法(アメリカ/ペンシルベニア)

皆さんが住む地域は、冬季に戸外の気温はどのくらいになるだろうか? 北海道と沖縄の平均的な気温差は20℃程度ということだが、日本気象協会によると地域によっては朝で50℃、日中で30℃近い差になることもあるらしい。

こと寒冷地にお住まいの方は、冬季の犬の散歩はいろいろ気をつかうところもあるのではないだろうか。寒さに強い犬であるならいざ知らず、寒さが苦手な犬や、体温調節のしづらい子犬やシニア犬であると気配りも増すことと思う。

寒い時期と言えば、アメリカのペンシルベニアでは、犬を飼う人たちに改めて注意が呼びかけられているようだ。

と言うのも、今年の夏(2017年8月28日)に施行された法律によって、「0℃(華氏32℃)未満の寒冷時に、犬を戸外に30分を超えて繋いではならない」となったからだ。これは暑い時期に32℃(華氏90℃)を超える時にも同様に適用される。この法律では基本的に人の付き添いがない状態で犬を戸外に繋ぐのは24時間中の9時間までとしており、その中で気温による繋ぐ時間も言及しているというわけだ(*1, 2, 3)。

ただし、これには例外があって、猟犬やドッグショー、フィールド・トレーニング、犬橇のトレーニングなどは除外される。

なお、この法律では犬を繋ぐ際の条件もいくつか含んでおり、たとえば、次のようなもの

  • 繋がれた犬は、水飲み場や日陰に容易に移動できること。
  • 繋がれた犬のいる場所は、排泄物やゴミなど過度の汚れがなく、清潔であること。
  • 首輪やハーネスは体にフィットして、苦痛のないこと。
  • 係留器具は犬が絡まったりしないよう、安全な作りであること。
  • 犬を係留する長さは、少なくとも、犬の鼻の頭からしっぽの付け根までの長さの3倍、または10フィート(約3m)はあること。
  • 麻縄やログチェーン、チョークカラー、ピンチカラー、プロングカラー、チェーンカラーのようなものの使用はNG。

この法律は動物虐待防止法にあたるわけだが、通称「リーブル(Libre)法」と呼ばれているらしい。リーブル(Libre)とは、あるボストン・テリアの名。1年ほど前のこと、ランカスターの農場で瀕死状態の生後4ヶ月だったリーブルが発見され、保護された後に手厚い治療を受けて、現在では元気に暮らしているという話だ。

当初は皮膚疾患もあり、全身の被毛も抜け、力ない様子に安楽死も考えられたそうだが、現在の様子を知らせる動画には、同じ犬とは思えないほど生き生きとしたリーブルの姿が映し出されている。メディアにも取り上げられ、インターネットでも話題になったことから、このリーブルの存在が法改正に大きな影響を与えたようだ。

それにしても、繋ぐ時間まで法律に明示しないとならないものなのだろうか?と素朴な疑問がわく。まぁ、人間であっても幼い子どもを熱地獄となる車中に残して熱中症の危険にさらしてしまうケースがなくならないことを考えれば、法的罰則も加えることによって、危険信号のスイッチの役割にはなるだろうが。

そしてもう一つ。もちろん、動物愛護という概念はとても大切だが、それとは別に、雪深い山中で猟犬として活躍してきた犬たち、雪原をひたすら走り抜ける橇犬たち、そういう犬たちのことを考えると、犬たちがもつ本来の動物としてのタフさにも想いを馳せたくなる筆者なのであった。

参考資料
(*1)2017 ACT 10, AGRICULTURE CODE (3 PA.C.S.), CRIMES CODE (18 PA.C.S.), DETECTIVES AND PRIVATE POLICE (22 PA.C.S.), GAME AND WILDLIFE CODE (34 PA.C.S.) AND JUDICIAL CODE (42 PA.C.S.) – OMNIBUS AMENDMENTS, Act of Jun. 28, 2017, P.L. 215, No. 10, Cl. 03, Session of 2017, No. 2017-10, HB 1238 / Pennsylvania General Assembly
(*2)New Pa. law makes leaving animals in cold felony / WKBN FIRST NEWS 27
(*3)New Pa. makes it illegal to leave dogs tethered outside in freezing weather / york dairy record

文/犬塚凛

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

思わずにっこり笑っちゃう、ワンコたちの素敵すぎる笑顔12選! (11.12)

  • ニュース

「ポメラニアンの反撃」【漫画 でかポメラニアン】 (11.12)

  • ニュース

世界中にある「犬の博物館」10選 (11.11)

  • ニュース

犬猫の「尿路結石」による疾患を防ぐためには? (11.10)

  • ニュース

アイコンタクトとジェスチャー、 どちらにより反応するかで犬の仕事が分かれる? (11.9)

  • ニュース

第1話「突如現れたヤマタノオロチ」【漫画 でかポメラニアン】 (11.9)

  • ニュース

「よりそイズム」って知ってる?「よりそイズム」で犬も人間もハッピーになろう! (11.8)

  • ニュース

素朴な疑問。ニホンオオカミはなぜ姿を消したの…? (11.6)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る