TOP>ニュース > 子供のうちから犬と触れ合い、豊かな心を育む『こども笑顔のラインプロジェクト』

  • ニュース

子供のうちから犬と触れ合い、豊かな心を育む『こども笑顔のラインプロジェクト』

犬の体験授業を通して 子供達の思いやりの心を育むプロジェクト

犬が大好きな子供がいる反面、犬を触ったことがなく、恐怖を感じている子供も数多くいます。子供のうちから犬に触れ合うことで豊かな心を育むためのカリュキュラム「こども笑顔のラインプロジェクト(後援:文部科学省、環境省)」が、全国規模で広がっています。

今回は、成城学園初等学校2年生の体験授業、『「いのちの授業」動物から学ぼう!いのちの大切さと思いやり』にお邪魔して、授業の様子を取材させてもらいました。

犬や人を思いやる気持ちを学ぼう

「こども笑顔のラインプロジェクト」は2014年に始まったプロジェクトで、全国の小学校からの授業依頼によって、“犬とのふれあい体験授業”が開催されています。本プロジェクトは、テレビのペット番組でおなじみの松本秀樹氏が主宰、ドッグトレーナーや獣医師、動物の専門学校校長などの10名が講師、介在動物5団体が協力して行われています。

「この体験授業では犬を知るために、グループの友達とコミュニケーションを取り、協力し合う必要があります。すると、これまで見たことがない、友達の表情や考えを知ることもできるのです。犬に対してはもちろん、友達に対しての思いやりの心も育てていく、それがプロジェクトの目的の一つです。今後は、地域密着のプロジェクトとして、進展させていきたいですね」(一般社団法人ナチュラルドッグスタイル事務局長 内田一弘さん)

犬に興味を持ち身近に感じられる授業構成

今回の体験授業は、ヒューマン・ドッグ トレーナーの須﨑大さんが講師を務められました。須﨑さんは、大きな手の模型を使いながら、人間に触られるとき犬の気持ちについて説明。その他にも、表情でわかる犬の気持ち、人と犬との年齢の違い、犬の歴史、犬の体のヒミツなど、犬についてとてもわかりやすく伝えていました。それに対して子供たちも、これまで知らなかった犬の雑学に、興味津々の様子でした。

体験授業では、本物の犬たちと触れ合う時間も設けられています。

今回は、「DOGSHIP Harbor」に所属する家庭犬たちが、介在犬としてオーナーさんと共に参加しました。プロジェクトに協力している犬とオーナーさんは日頃からトレーニングを積み、ドッグトレーナーから介在犬としての適性があると判断された犬のみが参加しています。

子供たちはグループに分かれて、須﨑さんから教えてもらった“犬と初めてあいさつするときの約束”を守りながら、犬たちとコミュニケーションを取り始めました。普段、犬を触る機会のない子供は、最初はおっかなびっくりの様子が見られましたが、須﨑さんと介在犬のオーナーからのアドバイスを聞いて実践。少しずつ犬との距離を縮めていく姿が、とても印象的でした。

介在犬をより深く知るために、犬種や犬の名前、性別、好きなものなどを、介在犬オーナーさんに協力してもらい、犬の画像入りのシートに記入。また、犬の寝かしつけに挑戦したり、犬の特技を見せてもらったりすることで、子供たちは犬を更に身近に感じることができたようでした。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る