TOP>ニュース > ペット業界の今を斬るインターペット ビジネス・フォーラム 1

  • ニュース

ペット業界の今を斬るインターペット ビジネス・フォーラム 1

先月の16日、東京・浅草橋にあるイベントホール「ヒューリックホール」で『インターペット ビジネス・フォーラム』が開催された。ペット業界の今後について考える討論会として、業界の著名なパネリストをゲストに招き「ペット産業の明るい未来をどのように具現化するか!?」というテーマのもと、約2時間のトークセッションを公開。その様子を紹介していく。

001

【登壇したパネリスト】
村中志朗氏(公益社団法人東京都獣医師会 会長)
下薗惠子氏(一般社団法人全国動物教育協会 会長)
小玉毅氏(イオンペット株式会社 代表取締役社長)
片岡春樹氏(ジャペル株式会社 代表取締役社長)
森澤篤氏(マースジャパンリミテッド 社長)
越村義雄氏〈進行役〉(一般社団法人ペットフード協会 名誉会長)

002

トークセッション開始直後、まずは森澤氏が『飼育頭数変化 犬』のデータに着目。「犬の数の減少が続いているというところは、非常に危機感を覚えました。そのなかでも子犬の数がすごく減っている」と現状についてコメント。

さらに続けて「全体として友達のところに子犬が生まれたとか、歩いてたらたまたま子犬と出会ったということが激減してしまったことが、子犬を飼うチャンスが少なくなったという要因になっているのかもしれない。じゃあ今から増やせますか? 今から野良犬増やしましょうなんてこと言ってもなんの意味もない。拾うチャンスを増やすなんてことはできないですね。だとすると、業界としては、出会うチャンス、一目惚れする、抱っこする、といったことを意図的にどうやって増やしていくのか、供給のほうを強化するのと合わせて考えていくことが大事な手立てになると思います」と述べた。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「里犬」を大切にした江戸に学ぶ動物愛護精神 (1.23)

  • ニュース

ピンが帰ってきた【ピンがいた日々】 (1.22)

  • ニュース

犬種の性格や行動の違いって、遺伝子の影響? (1.21)

  • ニュース

シニア犬には元気なうちから「ワンツー」サインを覚えさせよう (1.20)

  • ニュース

ワンコって不思議!犬の謎行動のオモシロ画像21選! (1.20)

  • ニュース

雪道で炎症する犬の肉球。冬に実践すべき「しもやけ対策」 (1.19)

  • ニュース

ちょんぴーという名前【ぼくと三本足のちょんぴー】 (1.18)

  • ニュース

ブルドッグの「スクリュー・テイル」と「人の奇病」との意外な関係 (1.16)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る