TOP>ニュース > 抱っこも嫌がる保護犬を迎え入れた話。

  • ニュース

抱っこも嫌がる保護犬を迎え入れた話。

抱っこも嫌がる保護犬を迎え入れた話。

この子はポメラニアンのピーちゃん。

我が家に迎え入れてからは、少しリラックスした表情をしていますが、最初は恐がり抱っこも出来ず、顔をこちらに向けることもありませんでした。ピーちゃんと出会ったきっかけは、行きつけのペットショップにふらっと入った時。とても怯えた様子で震えており、見に来る人たちに興味を示すわけもなく隅っこでジッと体を丸めていました。

横に目線を動かすとケージには「保護犬の里親を募集しています」という張り紙。ピーちゃんは放浪していたところを保護された、いわゆる「保護犬」だったのです。ピーちゃんの怯えた姿に何とも言えぬ気持ちになり、詳しいお話をお店の人に聞いてみることに。

お店の人によると、埼玉県で放浪しているところを保護され、埼玉県の施設はもちろん、都内の施設も転々とし、ここのペットショップにやってきたそう。しかし、保護された時に獣医さんに診察してもらった結果、様々な問題が発覚したそうです。目ヤニや歯肉炎など気になる点はたくさんありますが、それよりももっと心配する症状が「右後肢足バテラG2」「左後肢足バテラG2」「不整脈」「肥満」の4つでした。

どのような事情で保護犬になってしまったのかはっきりとした理由はわかりませんが、撫でようと手を近づけるだけで身構え震えてしまいます。まん丸な目がとっても可愛らしく、1匹で体に不調を抱えながら孤独を彷徨っていたのかと思うと胸が締めつけられる思いでした。

「もし、迎えてくれる家族が見つからなかったら、次はわからない」お店の人のその言葉で、私はピーちゃんを家族に迎えることを決めました。

我が家には先住犬のポメラニアン♂のポンちゃんがいるので、仲良くできるか少し不安でしたが会わせてみると、2匹とも良い子に威嚇する様子もなく一安心。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品 (10.19)

  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

第2回「川島なお美動物愛護賞授与式」 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る