TOP>ニュース > CIAのK9プログラムから脱落したルルの「目的」とは。

  • ニュース

CIAのK9プログラムから脱落したルルの「目的」とは。

誰しも自分の生きる目的、存在する意味がある。もちろん犬にだって目的がある。PETomorrowでも紹介した映画「僕のワンダフル・ライフ」の中でも主人公のベイリーがそう呟いている。

2017年秋、アメリカの中央情報局CIAでK9爆発物検知訓練プログラムを受けていいた1歳6か月のラブラドールのルル。厳しい試験にも合格し訓練を開始した。しかし数週間の訓練後、CIAはルルを訓練から外すという厳しい決断を下した。

その理由とは・・・

ルルはそのK9の訓練に興味を示さなかったのだ。CIAはルルの状況を細かくツイッターで報告している。

「こんなことをお知らせするのは残念なのですが…この数週間の訓練でルルは爆発物の臭いを検知することに興味がないような兆候を見せ始めてしまいました。」

「何か新しいことを学ぶ際、人間と同じように全ての犬は、コンディションが良いときも悪いときもあります。子犬にとってもそれは同じですが、それは多くの場合その日だけか、次の日くらいまでです。」

「犬にとって調子が悪い日、トレーナーは犬の心理学者となり何が原因かを探ります。」

「犬にとって、時には退屈に感じたり、休憩が必要だったり、もっと遊びが必要だったりすることもあり、体調不良なども場合もあります。」

「彼らと数週間一緒にいてわかるのですが、多くの場合は一時的に休ませることで、またプログラムの訓練に戻ります。しかし一部の犬にとっては、その問題が一時的なものではない場合もあるのです。彼ら自身にとっては、この仕事は自分には向いていない、自分がすべきことではない、ということをわかっているのだと思います。」

「ルルは爆発物の検知に何も興味を示しませんでした。食べ物や遊びで興味を惹こうとしても、ルルは明らかに楽しんでいるようには見えませんでした。」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

悪質ペットホテルに要注意。安心して預けられるペットホテル探しの極意 (12.14)

  • ニュース

映画『グリンチ』が教えてくれる“ペットが愛おしくなる3つのこと” (12.14)

  • ニュース

映画『グリンチ』が明日公開!陰の主役は愛犬マックス…!? (12.13)

  • ニュース

少年の心を開いた前足のない子犬。 心あたたまるCGアニメ (12.12)

  • ニュース

保護犬のその後。捨て犬からボランティア犬となったTレックス (12.11)

  • ニュース

女性は隣に寝ているのが彼氏よりも、犬のほうが安らぐって本当…? (12.9)

  • ニュース

愛犬家必見!ペットと楽しめる“ふるさと納税”二大返礼品 (12.7)

  • ニュース

「愛犬を迷子犬にさせないで」タイのショートフィルムがあたたかい。 (12.6)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る