TOP>ニュース > 犬を太らせ過ぎると動物虐待か?

  • ニュース

犬を太らせ過ぎると動物虐待か?

犬の肥満率:犬を太らせ過ぎると動物虐待か?

皆さんの愛犬はスリム体型? それともぽっちゃり型?

ここ最近、筆者は犬の肥満に関する話題をいくつか目にしたのだが、下の動画はその1つ(注:音楽あり)。アメリカのノースカロライナ州にあるSPCA OF WAKE COUNTYがインターネットの動画サイトに投稿したもので、極度に肥満した犬の姿が映し出されている。

Ray Rayという名のこの犬(8歳)は、子犬の頃にアニマルシェルターから里親に引き取られたものの、今年になってからのこと、前脚で体を持ち上げるのがやっとで、後ろ脚は立たず、太り過ぎた体を引きずっているところを保護されたらしい。肥満によって関節には痛みが出ており、咳もある上に、爪も伸び放題ということで、治療をするとともにダイエットにトライしているそうだ。

飼い主だったと思われる人とは連絡がとれないようで、関係者からは、いずれにしても「告訴したいくらいだ」という言葉が出ている(*1)。

そして、もう1つはスコットランドのSPCAに保護された犬の話(http://www.bbc.com/news/uk-scotland-south-scotland-39882287)。コーギーのミックス犬であるTykoは、マックス時、体重が49kgもあったという。BBC NEWSが報じたところによると、飼い主は告訴され、Tykoの所有権を奪われたとか。現在は12kgまで体重を落とせたとのことだが、4倍近い体重を支えるのはさぞかしきつかったろうに…(*2)。

以前、筆者はこういう状況に近い犬と出会ったことがある。飼い主さんはその犬をとても可愛がっているようだったが、可愛がり方の1つがおやつをあげるということだった。それも脂肪分たっぷりのジャーキーで、一口がやたら大きい。飼い主さんとの会話の中で、話が体重におよんだことから、「少し痩せさせないと、関節とか傷めるかもしれませんよ」とそれとなく伝えてみたのだが…。

数ヶ月後、その犬と再会した時には、カートに乗せられていた。「どうかしたのか?」と聞くと、「関節を悪くして歩けなくなった」という飼い主さんの返事。当の犬は呼吸も荒い。おやつの量を減らすように動物病院で言われたと言いつつ、話しながらもやはりおやつを与え続ける飼い主さんに、頭を抱えた筆者なのであった…。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

楽しいペット介護のすすめ!プロがすすめる意外な日用品 (10.19)

  • ニュース

犬の飼い主さんを助けてくれる保険の話【兵藤哲夫の徒然日記】 (10.18)

  • ニュース

第2回「川島なお美動物愛護賞授与式」 (10.18)

  • ニュース

犬猫の処分施設から、生かすための施設へ。動物保護センター写真レポート (10.17)

  • ニュース

老犬介護の入り口に立つBubuちゃん (10.17)

  • ニュース

「引退補助犬」を知る。―彼らが幸せに、安心して余生を送るために― (10.16)

  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る