TOP>ニュース > 【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報

  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報

今月のドッグフレンドリー・カー ホンダ・オデッセイHV マイチェンモデル公開直前情報


※写真はMC前の車両

国産ミニバン界のスポーティー&ラグジュアリーモデルと言えば、『ホンダ・オデッセイ』。2013年に登場した5代目は、『オデッセイ』初の両側スライドドアを備えつつ、『オデッセイ』の持つ“ミニバン界のスポーツカー”という立ち位置を譲らず、全高1685mm~のゆとりある室内空間を持つにもかかわらず、運転好きのミニバンユーザーを満足させ続けてきた1台です。

特に、自称自動車評論犬!?のマリアが注目していたのが、3列目席を床下収納できることで、大容量ワゴンのように使える点。しかも3列目席格納状態ではラゲッジの入り口に段差なく、開口部地上高は世界のステーションワゴンの平均値62cmよりはるかに低い51・5cm(アブソルート)しかないんです!だから中大型犬はもちろん、ジャンプ力のある小型犬、マリアのようなシニア犬でも楽々乗降できるってわけ。


※写真はMC前の車両

スライドドアからの乗降はさらに快適。段差なく広大なフロアへと続くステップ高は29cm(アブソルート)と、世界の乗用車の中でもっとも低い部類。小型犬も無理なく自身で乗降できるのです。

マリアはもう何度も試乗し、東京から鬼怒川、軽井沢、伊豆高原、軽井沢などへドライブしてきたけど、シートのかけ心地も抜群で、HVの静かで滑らかな走行性能もあって、極上の快適感、居心地の良さある移動空間に満足できること間違いなし。


鬼怒川絆にて※写真はMC前の車両


レジーナリゾート伊豆無鄰にて※写真はMC前の車両


『軽井沢プリンスホテル』森のドッグビレッジにて※写真はMC前の車両

ほかのホンダ車同様、Honda Dogシリーズのペットアクセサリーが充実している点もオデッセイのドッグフレンドリー度を加速させてくれます。


Honda Dogシリーズのペットアクセサリー


Honda Dogシリーズのペットアクセサリー


Honda Dogシリーズのペットアクセサリー

そんなオデッセイがこの11月、マイナーチェンジすることを発表。内外装のブラッシュアップに加え、2016年2月に発売された待望のHVモデルの場合、自動ブレーキなどの先進安全運転支援機能=「ホンダセンシング」に含まれる高速走行で両足が解放されるACC(アダプティブクルーズコントロール)がマイナーチェンジされたばかりの『ステップワゴン・スパーダHV』同様、0~135km/h対応になるはずで、前走車が停止すれば停車する「渋滞追従機能」をプラス。

これで一層、愛犬とともにお出掛けする“わんこと行くクルマ旅”の安心感、ドライバーのストレス低減度がアップ。愛犬との遠出の機会も確実に増えるとマリアは確信しています(わが家の例)。


11月発売の新型


新型はホイールデザインの新しい


新型はより上質なインテリアに


2列目キャプテンシートのかけ心地はクラス最上級

HVモデルにはAC100V/1500Wコンセントも用意され、コーヒーメーカーや電気ポットなどの家電品が車内外で使えるため、眺めのいい場所に『オデッセイHV』を停めれば、そこが“どこでもドッグカフェ”に。災害時には強い味方、“愛犬同伴のマイ避難所”にもなってくれるのだから頼もしすぎます。


100V/1500Wコンセント


HVエンブレム

マリアも新型オデッセイの発表、発売を心待ちにしていて(かつて2代目『オデッセイ・アブソルート』が愛車だったんだよ)、いち早く試乗させてもらう予定。あらためて報告するわん。

文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。90年代にペットと泊まれる宿の覆面調査「わんわんミシュラン」を8年間連載。愛犬とのドライブ、ドッグフレンドリーカー選び、ペットと泊まれる宿に関する業界第一人者。Web、専門誌、一般誌、ムック、ラジオ番組などで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララ(どちらもレスキュー犬)と暮らしている。

小学館PETomorrowでは「わんこと行くクルマ旅」「今月のドッグフレンドリーカー」などの連載記事を担当。小学館ブックピープル、愛犬と行く旅、ONE BRAND(現在休刊)、レスポンス、カートップなどでも愛犬とのライフスタイル、ドライブ旅行、ペットと泊まれるホテル関連の記事を連載、展開中。インターペット2017では「ペットとお出かけ快適ドライブ術」トークショーの司会を務める。2016年4月には愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

銀座の雑踏の中で、人々を見守っている名犬「チロリ」 (10.15)

  • ニュース

犬の「アイコンタクト」は何を訴えかけているの? (10.15)

  • ニュース

小さな腕でギュッと抱き合って眠る『ゆずここ 小さな小さなうでまくら』 (10.15)

  • ニュース

ペット100匹を死体遺棄…? 悪徳ペット葬儀業者の被害者にならないために。 (10.14)

  • ニュース

犬の「くぅーん」に隠された意味って? (10.13)

  • ニュース

犬がプイと目をそらす時、何を考えてるの? (10.12)

  • ニュース

赤い糸は存在する?「双子の子かもしれない!」里親がみつかった保護犬ビースト (10.11)

  • ニュース

動物との共生、動物愛護、 適切な管理って、なに? (10.8)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る