TOP>ニュース > SUBARU『レヴォーグ』で晩秋の伊豆を走る・前編【わんこと行くクルマ旅】

  • ニュース

SUBARU『レヴォーグ』で晩秋の伊豆を走る・前編【わんこと行くクルマ旅】

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

SUBARU『レヴォーグ』で晩秋の伊豆を走る・前編【わんこと行くクルマ旅】

古くから愛犬家御用達の国産自動車メーカーとして知られ、自称自動車評論犬!?のマリアも大のお気に入りのSUBARU。かつて『レガシイ』のTV CMに英ロック歌手のロッド・スチュワートとゴールデンレトリーバーが出演していたことを覚えている人もいるはず。

今では“ぶつからないクルマ?”、その有無によって人身事故約61%、追突事故約84%もの低減がはかられたステレオカメラによるアイサイトでも有名だけど、そんなスバルのドッグフレンドリーカーの1台が、今では『レガシイ』の代わる本格スポーツワゴンの『レヴォーグ』。

革新スポーツツアラーをコンセプトに2014年4月に登場し、アイサイトをはじめとする最先端の先進安全性能と、SUBARUならではのツーリング性能を高次元で両立。一躍、国産スポーツワゴン、国産ドッグフレンドリーワゴンの代表格に。


『SUBARUレヴォーグ1・6GT-Sアイサイト』

そのSUBARU『レヴォーグ』が2017年夏、大幅な改良モデルを発表・発売。SUBARU初のアイサイト・ツーリングアシストを全グレードに標準装備して、総合安全性能とツーリング性能、さらにはドッグフレンドリー度を大幅進化させたというのだから、これはもう“わんこと行くクルマ旅”に出掛けるしかありません。


ツーリング性能が大幅進化した新型『レヴォーグ』

さっそくパパにお願いして、最新のレヴォーグ1.6 GT-S EyeSightを用意してもらい、晩秋の伊豆を目指すことに。1.6GT-Sアイサイトは水平対向の1・6Lターボエンジン、18インチタイヤ、ビルシュタイン製ダンパーをおごる超人気のAWD=常時四輪駆動のスポーツグレードなんだよ。


目的地は伊豆・河津の森の中にひっそりと建つ、マリア御用達の老舗愛犬同伴専門リゾートホテルの『ホテル四季の蔵』。実は『ホテル四季の蔵』、このマリアがかつて後期調査犬を務めた、2004年から8年間、全89回におよぶ『SUBARUで行くわんわんミシュラン』というペットと泊まれる宿“覆面調査”サイトで8年間に3回の年間オブ・ザ・イヤーホテルに輝き、8年目のベスト・オブ・ベスト5ホテルの第一位に輝いた当時、最高評価を得たホテルでもあるんだ。


ホテル四季の蔵本館『リストランテ・オッキドーロ』入り口


ホテル『四季の蔵』のアジアンテイストな中庭


「わんわんミシュラン」最終回で8年間のベスト・オブ・ベストを受賞

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬にとっての“色”の世界、犬の色覚は人の色盲と似ている? (1.24)

  • ニュース

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム (1.24)

  • ニュース

インターペット恒例「犬の笑顔フォトコンテスト」の募集がスタート!! (1.24)

  • ニュース

『ステップワゴンHV』で行く伊豆高原「ウブドの森」中編【わんこと行くクルマ旅】 (1.24)

  • ニュース

【犬と猫の同居生活】「ハウス」を作ることの意味 (1.24)

  • ニュース

9年前に行方不明になった愛犬が戻ってきた! (1.24)

  • ニュース

国によって異なる犬の避妊去勢手術の考え方 (1.23)

  • ニュース

【犬と猫の同居生活】ケンカすることはないの? (1.23)

もっと見る

注目のグッズ

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

寒い時期に大活躍のアウター!わんこ用「ドラえもん スタジャン」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

押忍!ドラえもんの「わんこ用柔道着」が登場(笑)

人気ブランド「PORTER」とコラボしたここでしか買えない限定お散歩トート

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る