TOP>ニュース > 【わんこと行くクルマ旅 特別編】マリア12歳の誕生日&わが家にやって来て10年記念日旅行 前編

  • ニュース

【わんこと行くクルマ旅 特別編】マリア12歳の誕生日&わが家にやって来て10年記念日旅行 前編

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

特別編 マリア12歳の誕生日&わが家にやって来て10年記念日旅行 前編

ラブラドールレトリーバーのマリアがわが家にやって来て10年。そしてわが家にやって来た日を起点とした12歳の記念日、誕生日を無事、迎えることができました。


マリアがわが家に来て間もないころ


まだ表情がどこか寂し気でした

なんでわが家にやって来た日が誕生日かと言えば、ご存じの読者さんはご存じの通り、マリアは2歳半まで鹿児島の山奥の崩壊した繁殖場で生まれ、育ち、地元のボランティアさんに、まさに九死に一生のタイミングでレスキューされた犬だから。

2007年の秋の夜、鹿児島空港からJALの最終便で生まれて始めて不安におびえながら飛行機に乗り、姉妹のブラックラブの「ランプ」といっしょに羽田空港に降り立ち、そこでわが家はまだ行き先(里親)の決まっていない当時、鹿児島のボランティアさんが「エクル」と名付けてくれた私、イエローラブのマリアを預かってくれたんだ(まだ、わが家が里親として迎えることは決まっていませんでした)。


マリア(エクル)2歳半。鹿児島出発の日。ひまわりの首飾りを付けてもらいました

それからのいきさつは、パパが書いてくれた、小学館ブックピープルの『マリアの一夜にしてワンダフルライフ』第一章「向日葵の花飾りに込められた希望」01~03、「夢よ醒めないで」01~02、「笑顔を知らないエクルから笑顔を見せるマリアへ」01~02に詳しく、また小学館PETomorrowでも転載記事を読むことができるんだよ。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

  • ニュース

お散歩デート2。【まう助日記】 (2.17)

  • ニュース

マリアお薦めのランチスポット伊豆高原編 『宇賀神』 (2.16)

  • ニュース

犬と一緒に暮らす上で覚えておきたいこと (2.16)

  • ニュース

仕事が忙しい飼い主に手放された2頭の犬【保護犬と暮らす】 (2.15)

  • ニュース

マリアのお薦め遊・食・買・作スポット 伊豆高原編「愛犬の駅」 (2.15)

  • ニュース

ペットを飼育して想像以上にお金がかかるのは…? (2.15)

  • ニュース

保護犬と受刑者を救う「プリズン・ドッグ・プログラム」【刑務所で活躍する動物たち】 (2.14)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る