TOP>ニュース > スマホで楽々♪ パナソニックからペットを見守る「屋内スイングカメラ」が登場

  • ニュース

スマホで楽々♪ パナソニックからペットを見守る「屋内スイングカメラ」が登場

宅内の様子を外出先から確認可能に

パナソニックは、「スマ@ホーム システム」の商品を拡充し、左右360°、上下約90°を見渡せる首振り機能を搭載した屋内スイングカメラ KX-HC600を10月19日より発売する。

「スマ@ホーム システム」はスマートフォン(※1)で宅内や宅外の様子を映像で確認したり、カメラとスマートフォン(※1)で会話ができる製品として好評を集めている。

外出先からスマートフォン(※1)で宅内をさらに広範囲に確認したいというお客様のニーズに応えて誕生した。

左右360°、上下約90°の周囲を見渡せる首振り機能を搭載し、スマートフォン(※1)でカメラを上下左右に動かすことができる。これにより、ペットが定位置にいなくても、その様子を外出先から確認することが可能に。

また、よく見る場所を4カ所まで事前に登録でき、簡単にカメラを登録した撮影位置に向けることができる。さらに、温度センサーも搭載し、室温が設定範囲を超えた場合にスマートフォン(※1)に通知する(※2)ので、ペットだけでなく子どもの見守りにも活用できる。

ペットのお留守番時に役立つアイテム!

平成28年10月時点での犬の飼育頭数は約9878千頭、猫は約9847千頭と見込まれ※1、一時より飼育頭数は減ったものの、依然として子供の人口より多く※2、ぺっとはまさに家族の一員となってきている。今回の調査では、ペット(犬、猫)を室内で飼っている人を対象に、言葉が話せないペットだからこそ不安に感じる「お留守番」の実態とお留守番時に役立つ「ネットワークカメラ」について調べた。

※1 一般社団法人ペットフード協会 平成28年 全国犬猫飼育実態調査
※2 総務省統計局 統計トピックスNo.101によると、平成29年4月1日時点でのこどもの人口(15歳未満)は1571万人

ペットのお留守番の頻度を聞いてみたところ、8割以上のペットが週1日以上お留守番をしていることが明らかになった。また、ペットを残して外出する際に不安を感じているか聞いたところ、75%以上の人が不安があると回答し、言葉が話せない、自分のことができないペットだからこそ、家に残していくことが不安になるようだ。

お留守番時中のペットの様子が見守られるカメラについて聞いてみたところ、約3割の人が「そういう商品があることを知らなかった」と回答。そして、約3割の人が「ペットの見守りのために欲しい」と回答した。購入意欲のある人にその理由をき聞いたところ、88.9%の人が「お留守番時中のペットが心配で様子を見守りたいから」と、飼い主の心配解消のために欲しい人が多いことがわかった。

また「ペットに声をかけて安心させてあげたい」が27.9%、「イタズラを未然に防ぎたい」14.2%と、見守りカメラで声をかけてあげることでお留守番時中のペットの不安や寂しさを解消しトラブルを防ぎたいというニーズもあるようだ。

このような調査結果から、今後はペットの見守りカメラのニーズがますます増えてくると考えることができる。

屋内スイングカメラ KX-HC600の特長

1. 左右360°、上下約90°を見渡せる首振り機能を搭載し、よく動くペットの様子を外出先からスマートフォン(※1)で自在に確認できる

左右360°、上下約90°を見渡せる首振り機能を搭載。スマートフォン(※1)でカメラを操作できるので、外出先からカメラを上下左右に動かして宅内を広範囲に確認することが可能。

2. 事前に撮影位置を登録することで、簡単にカメラを向けられる

撮影位置を4カ所まで登録でき、登録した撮影位置にスマートフォン(※1)から簡単にカメラを向けることができる。たとえばペットの見守りをする人なら、ペットのケージやお気に入りのソファ、水飲み場など、ペットがよくいる場所を登録しておけば、ペットの姿を探しやすくなる。

3. 温度センサーを搭載し、外出先から自宅の温度が確認できる

外出先から自宅の室温を確認できる温度センサーを搭載し、カメラ周辺の温度が設定範囲を超えた場合にスマートフォン(※1)に通知する(※2)ので、ペットだけでなく子どもの見守りにも活用できる。

【その他の特長】
●宅内の様子を事前に設定した範囲、設定した時間間隔で録画する「スケジュール録画」機能搭載
●あらかじめ録音した声をカメラから再生できる「呼びかけ音」機能搭載
●動きの変化を検知する動作検知機能搭載
●音センサーを搭載し、音を検知してスマートフォン(※1)に通知(※2)
●2018年春以降の当社のテレビドアホンのバージョンアップに伴い、テレビドアホンで本製品を操作できるようになる。<登録可能なテレビドアホン>VL-SWH705シリーズ、VL-SVH705シリーズ(機種は追加されることがある)

【仕様一覧】
品名:屋内スイングカメラ
品番:KX-HC600
電源:ACアダプター(品番:PNLV248JP)
AC 100 V(50 Hz/60 Hz)(DC 6.5V)(1A)
消費電力 待機時:約1.3 W 最大時:約4.0 W
外形寸法(高さ×幅×奥行) 約115×77×77(mm)
質量:約270 g
使用環境条件 温度:5 ℃~35 ℃ 湿度:45 %~85 %(結露なきこと)
無線通信方式 DECT:1.9 GHz TDMA-WB
使用可能距離:約100 m/見通し距離
撮像素子:CMOS 30万画素
出力映像:VGA/QVGA
最低被写体照度 0ルクス(※3)
焦点距離:固定(0.5 m~∞)
撮影範囲(カメラ画角) 水平:約70 ° 垂直:約50 °
センサー検知方式:動作検知
動作検知範囲 水平:約70 ° 垂直:約50 °
可動範囲 水平:約+170 °~約-170° 垂直:約+20 °~約-20°
コード長さ 電源コード:約1.8 m

詳細についてはこちらから
http://panasonic.jp/hns/p-db/KX-HC600.html

●屋内スイングカメラキットに含まれるホームユニットKX-HJB1000の仕様は、次のURLを参照。http://panasonic.jp/hns/p-db/KX-HJB1000.html

※3:周囲が暗いときは本機に内蔵の赤外線LEDが点灯して、映像を白黒で表示。
・iPhone、iPad、iPad miniはApple Inc.の商標。
・iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されている。
・Android、Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標である。

配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
http://petomorrow.jp/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

【今月のドッグフレンドリー・カー】ホンダ ステップワゴン・スパーダHV (10.20)

  • ニュース

アメリカのシェルターにいる犬の数 (10.19)

  • ニュース

ペットの市場に置いていかれた脚の悪い柴犬【保護犬と暮らす】 (10.19)

  • ニュース

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト (10.18)

  • ニュース

職場に犬がいることで仕事効率がアップする!? (10.18)

  • ニュース

音を怖がる、メスが多い…「犬の若白髪」と意外な関係 (10.18)

  • ニュース

光を失った犬が教えてくれたのは「今を頑張ること」【保護犬と暮らす】 (10.18)

  • ニュース

犬を診断する新しい占い。星座別ワンコの性格診断 (10.17)

もっと見る

注目のグッズ

音や振動に反応して猫シルエットが浮かび上がるLEDライト

背中に乗るドラえもんがかわいい!写真映えするキュートなミニベスト

車の乗り降りの負担を軽減!コンパクトに収納できるペットスロープ

にゃにゃっ?予測不能な動き「カオス理論」を応用したハイテク電動ねこじゃらし

機能性とデザイン性を両立した日本製の自動給餌器

アリなどの不快害虫からわんこを守る「インセクトシールド」

浮世絵師「歌川国芳」の猫をあしらったかわいい升酒グラス

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る