TOP>ニュース > アメリカで一番ペットフレンドリーな町はどこ?

  • ニュース

アメリカで一番ペットフレンドリーな町はどこ?

ペットフレンドリーな町の第1位は「砂漠と山脈に囲まれた町」

皆さんが住む地域のペット環境はいかがだろうか? たとえば、動物病院を含むペット関連サービスの充実度や、散歩ができる場所の環境、自治体による条例の整備具合など。

地域の環境や風土など諸々の条件によって、ある物事に対する地域ごとの特徴や温度差というのは生じるもので、動物愛護観連にしても然り。

動物愛護のさらなる発展のためには、全国共通のベースとなるような理念や法律・条令、仕組みなど、もっと考えていかねばならないだろう…と思うのだが、それはさておき、そんなことを考えていた時に、ちょっと面白いものを目にした。

それは、アメリカにおける「ペットフレンドリーな町」ベスト100というもの。WalletHubでは、アメリカ国内の100の町を、〔1〕ペットにかかる費用、〔2〕ペットの健康やウェルネス、〔3〕屋外でのペット環境、の3つを軸に比較し、そのランキング結果を発表している(*1)。

[1]には動物病院でかかる費用やペット保険料、その他ペットサービスを使用する際の最低料金などの項目が含まれ、〔2〕には1人あたりに対する獣医師およびペットケアを生業にする人の数や、ペットフレンドリーなホテル、レストランの他、アニマルシェルター、動物保護法の強化度、住宅事情などが含まれる。そして、〔3〕は気候、ドッグパーク、ペットに優しい道、市内の緑地、ドッグショーなど。

比較分析の結果、ペットフレンドリーな町第1位となったのは、アリゾナ州の砂漠と山脈に囲まれた町、スコッツデールだった。ペットの健康&ウェルネスにおいては1位、屋外のペット環境でも2位と高ポイントながら、ペットにかかる費用では80位となっているのは、この町が高給リゾート地であることと関係しているのだろうか?

2位は同じくアリゾナ州のフェニックス。スコッツデールの隣にある町だが、ペット費用では12位となっており、結構リーズナブルな傾向にあるようだ。実際、フェニックスは一般的な物価も全体的に安めらしい。

スコッツデールと同じく、健康&ウェルネスおよび屋外のペット環境では高ポイントながら、ペット費用が高いというのが4位になったカリフォルニア州サンディエゴである。雨が少なく、年間を通じて平均気温が20℃前後ということで、気候的にもペットも住みやすい土地なのかもしれない。しかし、飼い主の財布にはちょっと痛そうだ。

先に4位を紹介してしまったが、3位はフロリダ州の海沿いにある町、タンパ。商業都市タンパは、費用・ウェルネス・環境、どれもが平均的に上位にランクされている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

小型犬と大型犬、飼う時の違いってあるの?【いぬのはてな】 (2.21)

  • ニュース

今春以降オープンする愛犬同伴型リゾートホテル先取り情報【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (2.21)

  • ニュース

世界で活躍する「スポーティング・グループ」に属する犬たち (2.21)

  • ニュース

日本人と犬の歴史はいつから始まったの?【いぬのはてな】 (2.20)

  • ニュース

『第4回ワン!にゃん!かるた』最優秀賞を発表‼︎ (2.20)

  • ニュース

「あなたは犬派?猫派?」犬派が6割という結果に! (2.20)

  • ニュース

マリアお薦めスポット伊豆高原編 『神祇大社』 (2.19)

  • ニュース

ペットを保護する概念が強いアメリカのシェルター (2.17)

もっと見る

注目のグッズ

手編みの温もりが嬉しい犬猫用「くつろぎバケット」

わんこの肉球を守るDOGブーツが登場♪

わんこのバスタイムを短縮♪ 重炭酸スパクリングシャワーヘッド!

まんまる仔犬に癒される〜♪琳派の豆皿と箸置き

寒い季節にピッタリ♪ わんこ用『ドラえもん ちゃんちゃんこ』

猫が猫型ロボットに…!?「ドラえもん」に大変身できるアイテム

あったか〜い。冬もヌクヌク♪わんこが喜ぶ「英国製ブランケット」

ダンボールのプロが開発!おしゃれで使い勝手のいい猫用爪とぎ

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る